検索する言葉を入力してリターンキーを押してください。キャンセルはESCキーまたは右上のXをクリックしてください。

Monthly Archives:

October 2012


ロサンゼルスの日本食事情

Read more

ロサンゼルスの日本食事情

ゲーム・マンガ・アニメ・J-POP・ファッション・アートなどのポップカルチャーにはじまったクールジャパン(COOLな日本の文化)のひとつとして海外で広く受け入れられている日本食。とりわけアメリカでの日本食人気は非常に高く、ここロサンゼルスでも日本食レストランの前で行列が出来ているのを見る機会は少なくない。一般的に並ぶことが嫌いなアメリカ人も虜にしている日本食。今回、まずは、その日本食を代表する「寿司」「ラーメン」「カレーライス」の3つに焦点を絞って、この現象を探ってみたい。

1.日本文化が凝縮する進化し続ける開拓者「寿司」

お笑いコンビのラーメンズによる『THE JAPANESE TRADITION – JAPAN CULTURE LAB』の寿司編は、YOUTUBEを通じて海外でも大きな反響を得た。ただし外国人の視聴者がこの内容を冗談だと分かっているかどうかは甚だ謎ではあるが、寿司がどれだけ魅力的なものなのかは見てとれる。

寿司は、食材、味、盛りつけが多種多様な日本食の代表格であり、その特異性から他国のどんな料理にも代わりがない。そのため、寿司を入り口に他の日本料理を知るアメリカ人は多いはず。まさに日本料理の看板を背負って立つ存在の寿司だが、以前は西洋ではゲテモノ料理としてみられていたのはご存知だろうか?

かつて西洋人にとって生の魚を食する事は、習慣・衛生・味覚など全てにおいてあり得なかったことで、それをライスに乗せ、乾燥させた海藻に巻き、塩分いっぱいの大豆のソースと鼻を刺激するペパーミント色の薬味をつけて食べるSUSHIは、まさに「アンビリーバボー!」な食べ物だったことは想像に難くない。

そんな異様な東洋の食べ物が注目されるきっかけが起きる。70年代後半から80年代始めにかけてアメリカで高まった健康志向がそれだ。最初はそのヘルシーさが一部のセレブやインテリ層でウケ、それをメディアが取り上げて、一般市民に知られるようになった。しかしまだ好奇的な注目であったのは否めず、「生魚と米の料理をお箸でつまんで食べる」行為をデートや家族での外出時におけるエンターテイメントとしての要素が大きかった。ブームというより一過性のトレンドに近かったように思われる。

先駆けるものには常に様々な偏見や障害が付き物だが「寿司」は見事にそれらを乗り越え、アメリカ人の好みに合わせて変化したり、絶え間ない質の高さを提供することによって長い期間を経てアメリカの食文化に根付いたのである。今やアメリカにおける寿司人気は再評価と共にブームを越えた定番料理となり、他国の料理にも多大な影響を及ぼすまでになった。素材の良さを可能な限り活かし、余計なものは決して付け加えないこの料理は日本の文化そのものを表したまさに極みと言えよう。

今後も伝統的手法を守りつつ新しいアイディアを取り入れながら寿司は進化し続ける。その人気には陰りが見えず、増々高まっていくであろう。

2.アメリカ人の熱狂的なファンも多い「ラーメン」

伊丹十三監督による映画『タンポポ(1985年)』は、アメリカの日本映画ファンの間でもカルト的な人気がある。映画通によるレビューサイトROTTEN TOMATOESではなんと最高の100%の評価を誇り、EBAYなどではDVDが高額で取引されている。また『ラストラムライ』『インセプション』で知られるケン・ワタナベの若い頃の姿も彼らにはインパクトがあるようだ。

日本食で今一番の人気と勢いを誇るのが「ラーメン」。様々なフード・ガイドのウェブサイトでも、アメリカ人がこぞって感想や評判を熱く語り、議論が交わされている。新しい店がオープンとなれば話題を呼び、多くが自分のお気に入りのラーメン店をもち、麺やスープ、具に対してのこだわりがあるほどで、寿司や他の日本食とくらべても熱狂的なファンが圧倒的に多い。

アメリカ人にとってブーム以前のラーメンとは安くて簡素なインスタント食品であったが、2000年初頭に手間と時間をかけて作られる「ラーメン店のラーメン」によりイメージが覆されると、ここ数年で一気に人気が爆発し各地域で新しいラーメン屋が乱立する様になる。

このL.A.のラーメンブームの特異な点は日本のブームとリンクしていることがあげられる。日本ではラーメン自体決して目新しいものではない。しかし90年代後半から過酷な味の競争や新しいラーメンの開発が激化すると多種のガイド本が発売されるようになりマスコミでも連日取り上げられ現在まで継続するラーメンブームに至っている。更には日米両国共にコッテリ味の豚骨スープやつけ麺がブームを牽引している事や日本の有名店がアメリカに出店・出品に意欲的な点を踏まえても、数年の差があるとはいえほぼ同時進行的なムーブメントと考えてよいだろう。寿司の広まり方とは明らかに異なっている。

我々アメリカ在住の日本人がラーメンに対して抱いていたイメージを壊した事も大きい。つまり、従来日本食が好まれる理由は「ヘルシー&ライト」と考えられていた。確かにその要素は大きい、しかし単純にアメリカ人がヘルシーさのみを日本食に求めているならば、うどんやそばもラーメンと同等かそれ以上の人気を集めているはずである。高カロリー、炭水化物、油分、化学調味料などジャンク・フードに負けないマイナス要素がてんこ盛りだが、それでも食べたい魅力がラーメンにはあるのだ。

寿司に並ぶ代表的な日本料理となったラーメン、アメリカでの人気は、今はまだトンコツ味に偏っているが、今後、ミソ味など他のフレーバーも浸透すれば需要はますます高まり、更に大きなブームになる可能性を秘めている。

3. 調理も簡単でファミリーに人気の「カレーライス」

サンタモニカ市が運営する番組では、日本食レストランや日系スーパーが並ぶソーテルが紹介され、レポーターのおじいさん二人が、日系スーパーで買えるBENTOや、人気のカレーライス屋さんを取材する。

日本人にとっては国民食ともいえる「カレーライス」。アメリカでは、まだ寿司やラーメンほどの人気はないが、ブームの兆しは見えてきている。バラエティー豊かな具材と適度な辛みが食欲をそそる濃厚なルーと、甘みのある日本米が絶妙なバランスで合わさり、カレーファンの胃袋を満たす。さらにらっきょう、福神漬けなど、箸休めとして定番の漬物を加えると完璧な一皿に仕上がる日本の「カレーライス」。

ただしカレーの元祖はインド料理であり、アメリカでもインドや東南アジアのカレーが一般的である。一方、日本のカレーは、元々インドから直接伝わったものと思われがちだが、実は、スパイスを多様する複雑なインドカレーをイギリス海軍が簡素化したイギリスのカレーが、日本に伝わったものだ。既にインターナショナルな料理としてアメリカの食文化にインドなどから直接紹介され根付いていた「カレー」、その点で寿司やラーメンとは状況が多いに異なる。(注釈:ラーメンも中国から伝来したものに改良を加えて誕生したものだが、既に別の料理と考えていいだろう。英語の綴りも違って、「RAMEN(ラーメン)」と「LAMIAN(拉麵、老麺)」)

寿司やラーメンがオリジナルな日本料理に対して、日本のカレーライスは本来亜流な食べ物である。寿司で例えるならカリフォルニアロールやレインボーロールといったところか?さらにはインドカレーやタイカレーなど競合相手が存在する点でも寿司やラーメンとは異なる。

ブームの広がり方にも違いを見ることができる。時間がかかったがセンセーショナルな食べ物であった寿司、日本のブームと連結しながら一気に火がついたラーメン。それに対しメディアに取り上げられる機会も少なく、真新しい料理ではなかったカレー。但しそれは利点でもある。「食べ慣れない生魚」でもなければ「お箸でズルズル音をたてて吸い込む」必要も無い。初めから障害は殆ど無く、既に存在しているジャンル、マーケットに日本式のカレーとして純粋に味で勝負することができるのだ。濃厚なルーと種類豊富な具材は明らかに他国のカレーとは異なる。更には日本のカレーは麺類やパンなど他の料理にも応用が利く点で今後さらにアメリカで浸透していくはずだ。

最近は、日系カレー専門レストラン「カレーハウス」(CURRY HOUSE)では満席で待たされる事もしばしば。あの安室奈美恵は、ロサンゼルスンに来る際は、必ず空港から直接カレーハウスのソーテル店に乗り付けるという。また日本でチェーン展開する大手レストラン「Coco壱番屋」

アル・パチーノ & クリストファー・ウォーケン主演『ミッドナイト・ガイズ(原題:Stand Up Guys)』(2013年)

Read more

アル・パチーノ & クリストファー・ウォーケン主演『ミッドナイト・ガイズ(原題:Stand Up Guys)』(2013年)

監督:フィッシャー・スティーブンズ
製作:シドニー・キメル
出演:アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキン

28年の刑期を終えて出所したばかりの年老いた元ギャングであるヴァル(アル・パチーノ)は、長年のパートナーであり親友のドク(クリストファー・ウォーケン)と再会を果たす。

しかし、彼らの元ボスであるクラップハンド(マーク・マーゴリス)は、ヴァルが入所前にひき起こした交通事故によって息子を失った復讐として、ドクに、翌朝の10時までにヴァルを殺害するように命じ、ヴァルを殺さなければドク自身も命がないと脅迫していた。

懐に銃を忍ばせていたドクは、出所したばかりの旧友であるヴァルにその事実を打ち明ける。

二人は「最後の夜」を、若い頃と同じ様に過ごそうと、盗んだ最新型のスポーツカーに乗って、3人目の仲間であるハーシュ(アラン・アーキン)を連れ出す。すでに年老いた3人の元ギャングは、夜のロサンゼルスを舞台に、コカインを楽しみ、孫ほどに若い女の子達を口説いたり、警察とのカーチェイスを繰り広げたりと、気の向くままに過ごすのだが、「約束の時間」は刻々と迫ってくる…。

「ゴッドファーザー」「狼たちの午後」「カリートの道」「フェイク」「インサイダー」「ヒート」の名優アル・パチーノと、「ディア・ハンター」「007 美しき獲物たち」「トゥルーロマンス」「バスキア」のクリストファー・ウォーケン、「アメリカ上陸作戦」「シザーハンズ」「リトル・ミス・サンシャイン」「デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜」のアラン・アーキンら、アカデミー賞受賞俳優による豪華共演。 …

『ヒート』- Heat(1995年) – ロサンゼルスを舞台にした映画シリーズ

監督 : マイケル・マン
主演 : アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ

ハリウッドの頂点に君臨する二人の名優アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが、それぞれロサンゼルス市警の警部と銀行強盗のリーダーを演じたマイケル・マン監督のハードボイルドクライムサスペンス。映画の中で一番の見所となるシーンは、ダウンタウンロサンゼルスのオフィスビル街での白昼堂々の銃撃戦。大量の現金が詰まったバカでかいバックを背負いながら、これまたバカでかい機関銃をぶっ放してダウンタウンを走り続けるデ・ニーロとヴァル・キルマー(上写真)の姿は気合満点。俳優たちは事前に実弾によるトレーニングを繰り返し、ダウンタウンに轟く銃弾の音にもすべて実弾を使用したほどのこだわり。映画の最後、LAXのターミナル外での緊迫感あふれる攻防も必見。

ちなみに、この映画は、1960年代に実際にシカゴで起きた事件がもとになっており、実在した強盗団のリーダーであるニール・マッコーリーを追い続けた元刑事チャールズ・アダムソンの話をもとに制作された。また「ダークナイト」の監督クリストファー・ノーランも、この映画を参考に同作品を撮ったことを公言している。

<ロケーション>

このミーティングシーンは、Kate Mantiliniで撮影された。



銃撃戦はダウンタウンロサンゼルスのFlower&5th周辺。(下記MAPエリア参照。)

<あらすじ>

キャリア犯罪者であるニール(ロバート・デニーロ)は、強盗仲間のクリス(ヴァル・キルマー)、マイケル(トム・サイズモア)、トレホ(ダニー・トレホ)、そして新入りのウェイングロー(ケビン・ガガ)を引きつれて現金輸送車強盗を遂行し、ヴァンサントが所有する160万ドル分の無記名債券を強奪する。ニールは仲介人を通じて、ヴァンサントに債権を買い戻させるため取引を試みるが、ヴァンサントは承諾したふりをして逆にニールを殺害しようとする。仲間に助けられたニールは何とかヴァンサント一味による襲撃をかわし、復讐を誓う。

一方、同事件の捜査に当たっていたロサンゼルス市警強盗殺人課の警部ヴィンセント(アル・パチーノ)は、ニールの一味が今度は貴金属保管庫を襲撃する計画をしているという情報を入手し、張り込みをする。しかし、捜査員のひとりが不注意で立てた小さな音を不審に感じたニールは、その場で直ちに計画を中止する。その後、ロサンゼルス市警の監視下にあるにも関わらず、ニールは推定1200万ドルになる銀行強盗をすることを決断する。

そんな矢先、ヴィンセントは、ニールの運転する車を止めさせて、彼をコーヒーに誘う。そこでヴィンセントは、自らの仕事中毒のために、義理の娘との関係はうまく行かず、三度目の結婚も失敗し、家庭が崩壊していることを打ち明ける。ニールも同様に、自分が犯罪者として生きているために、恋人であるイーディとの将来が綱渡りの様に危ういものだと告白する。直接顔を向き合わせての会話を通じて、二人はお互いをリスペクトし合うも、必要なときにはいつでも殺す覚悟があることをお互いに受け入れる。

数日後、ニールは計画通り仲間を引き連れて銀行の襲撃に向かい、対するヴィンセントも、情報提供者からの情報をもとに、ニールたちが狙う銀行で待ち伏せをする…。

B級グルメ 徳島ラーメン「麺王」- TOKUSHIMA RAMEN MEN OH in リトルトーキョー OPEN

Read more

B級グルメ 徳島ラーメン「麺王」- TOKUSHIMA RAMEN MEN OH in リトルトーキョー OPEN

今回ご紹介するラーメン in L.A.は、ロサンゼルスの場末エリアことリトルトーキョーの場末モール・ホンダプラザ内にオープンしたばかりの日本直輸入ラーメンショップ「徳島ラーメン麺王」。日本では西日本に十数店舗展開するこの「麺王」が、今年サンフランシスコに二店舗開店してアメリカ進出を果たし、先日、満を持してロサンゼルスに第一号店のオープン。

食べる前に知っておきたいのが、徳島ラーメンの本来の食べ方。これが普通のラーメンとはちょっと違うんです。

徳島ラーメンといえば、新横浜ラーメン博物館にも出店していた「いのたに」が有名ですが、一般的に、豚骨醤油スープに豚バラ肉・ネギ・もやし・生卵が乗っていて、横にはたくあんの乗った白飯。徳島ラーメンは、いわゆるラーメンライス。ラーメンを「ごはんのおかず」として食べるものなんです。豚バラ肉をおかずに白飯を食べながら、ラーメンを食べ、途中で生卵をといて二段階で味を楽しみ、最後に残ったスープにご飯を入れてラーメン茶漬けにする…。一般的な徳島ラーメンは、スープの味はしっかりしているけど重たくないし、麺もやや少なめで食べやすい。でも気軽に女子を連れて行くような店じゃなくて「ラーメン二郎」風にガッツリ食いたい男子向けの「B級もしくはC級グルメ」

というわけで「徳島ラーメン麺王」リトルトーキョー店。実はわざわざ二回食べてから書いてます、これ。なぜかって一回目にいったのがオープンしてすぐの時で、どうにも微妙な味だったんですよ。本来出したい味を出せてない感じがした。スープが妙に薄く、麺もやや茹で過ぎ。でもどうにも気になって、記事を書く前に、念のためにもう一度行って来たんですが、そしたら全然味が変わってて、スープも麺も狙い通りに仕上がっている感じ。しかも一回目はガラガラだった席も、二回目はかなり埋まってるじゃないですか。

とはいえ、本来の徳島ラーメンの魅力を味わうべく、ライスと一緒にいただくには、麺の量がかなり多い。逆にラーメンだけを食べようと思うと、スープが濃すぎてしまうというちょっとした矛盾が…。ラーメン茶漬けを楽しめるようなサラッと感はあまりないです。ひとつ残念なのは、日本の店舗やサンフランシスコ店では、生玉子がのっかってるんでが、L.A.店は味玉子…。この辺もロサンゼルスの少し残念な食事情を垣間見る瞬間です。生卵の存在で、色々な味の変化が楽しめる本来の「徳島ラーメン」の魅力が半減。そしてこれはアメリカ国内だけのオリジナルのサービスらしいですが、豚ばら肉に加えてチャーシューまで登場しての豚肉三昧。徳島ラーメンにチャーシューはいらないと思うんだけど、食べ盛りの学生さんにはかなり嬉しい。

総評すると…大量の豚バラ肉の中で泳ぎたいくらいブタ肉が好きなあなた御用達な、豚肉をブタのように食べたいブタ専用のラーメン屋さんというところでしょうか。旨いけどかなりヘビー。ハマると中毒性がある。食べ過ぎてゲンナリしても翌日の夜にはまた食べたくなるような魔力が危険。なにはともあれ、ロサンゼルスで徳島ラーメンを体験できるのは嬉しい。ここは残すことも考えながら、食べる配分を調節しつつ、それでもラーメンライスで食うのがオススメです。気合で全部食うと死にます。

…というわけで「徳島ラーメン麺王リトルトーキョー店」、豚肉好きな肉食系男子にオススメ!


456 E 2nd St
Los Angeles, CA 90012
Downtown, Little Tokyo
(213) 687-8485

世界初!音速を越えたスカイダイバー – 未来の地球人の命を救った男の中の男 – フェリックス・バウムガートナーに学べ

Read more

世界初!音速を越えたスカイダイバー – 未来の地球人の命を救った男の中の男 – フェリックス・バウムガートナーに学べ



1. 加熱サンバイザー  2.酸素供給パイプ  3. パラシュートハンドル 
4. 両膝にHDカメラを搭載 5. 層状材料によるスーツ 6. パラシュートチェック用ミラー 
7. 高度計測器 8. 高度気球:高度によって拡大する 
9. プラスチックフィルム製の厚さ0.002センチの気球 10. カプセルを気球に装着するフレーム 
11. カプセルから出るためのスライディングドア 12. 発泡体で絶縁された外板


「オレはファンパーソン。楽しいことがあればやりたいんだ。」

そんな単純な理由で、BASEジャンプやフリーフォールによる数々の世界記録を塗り替えてきた男が、運命の2012年10月14日、世界中が見守る中… 地球の上空約4万メートルからのスカイダイビングに挑戦した。その男の名は、フェリックス・バウムガートナー( Felix Baumgartner )

YOUTUBEのストリーム中継で、800万人が見守る中、「有人気球による最高高度到達記録」「スカイダイビングの最高高度記録」「自由落下(フリーフォール)による最高落下速度記録」の3つの世界記録を更新し、世界初の音速超えを達成した。

オレなんかディズニーランドのカリフォルニアドリーミンに乗っただけで小便を漏らす高所恐怖症のヘタレだが、男の中の男とはこういうヤツを言うのだろう。

今から43年前の1969年7月21日、アポロ11号に乗って人類で初めて月面に降り立ったアメリカの宇宙飛行士ニール・アームストロング。その人類の英雄アームストロングは、先日2012年8月25日に天に召されたばかりだが、まるでそのアームストロングの遺志を受け継いだかのように、フェリックスは、天から決死のスカイダイビングを成功させた。

そして彼の偉業は、単にスカイダイビングで世界記録を打ち出しただけではない。実は彼の今回の功績は、人類の未来にとって非常に大きな意味を持つ。現在アメリカ合衆国が2030年を目指して進めている火星の有人探査計画をはじめとする宇宙開発や、今後、民間企業も参入して本格的に加速していくといわれている宇宙旅行。そこで予想される様々な事故に対する安全確保の研究に、今回のフェリックスの命がけの挑戦が大きく貢献してくるのだ。まだ見ぬ何十年も先の未来の事故で失われたかもしれない人々の命を、フェリックスは救ったことになる。なんてロマンチックな野郎なんだ。

まるで映画の中でしかありえないトム・クルーズ演じるヒーロー像が、そのまま現実に生きているような男フェリックス・バウムガートナー。そんな彼も、今年で43歳になる。彼は、これを機にスカイダイビングを引退し、来年、元モデルでビューティークイーンでもある婚約者ニコール・オーテル(Nicole Oetl)と結婚するらしい。どんだけカッコよけりゃあ気が済むんだ?…

ボクシング観戦 in ロサンゼルス – 西岡利晃 vs ノニト・ドネア最強決戦 – ブランドン・リオス vs マイク・アルバラード超絶打撃戦を生観戦!

Read more

ボクシング観戦 in ロサンゼルス – 西岡利晃 vs ノニト・ドネア最強決戦 – ブランドン・リオス vs マイク・アルバラード超絶打撃戦を生観戦!

マイク・アルバラードとの無敗対決で壮絶な撃ち合いを制し、ガッツポーズをするブランドン・リオス。

HOME DEPOT CENTER 会場前に、いきなり人山の黒だかり…。そこには「メジャー世界タイトル6階級制覇王者」マニー・パッキャオの現トレーナーであるフレディ・ローチの姿が。

ボクシング好きが高じて映画「あしたのジョー」で丹下段平を演じた俳優・香川照之や、元WBC世界スーパーライト級王者で、帝拳プロモーション代表の浜田剛史の姿も。

メキシコ、フィリピン、日本、アメリカ合衆国と立て続けに国家斉唱。ヤマダが歌った君が代は微妙だったが、やっぱりアメリカの国歌は様になる。

LADIES AND GENTLEMEN, WOOOOOO, LET’S GET READY TO RUMBLE!!!の決まり文句で有名な大物リングアナウンサー、マイケル・バッファーも登場して会場も盛り上がる。

無敗対決と言われたブランドン・リオス vs マイク・アルバラード戦は、1Rから凄まじい殴り合いの攻防戦を繰りひろげ、ファンのボルテージが一気にあがる。

マイク・アルバラードの豪腕パンチが何度もリオスを捉えるも、リオスも猛反撃。迫力のど突き合いは続き、最後はリオスの見事な逆転TKO勝ち。(最上部写真参照。)

そして本日のメインイベント世界Sバンタム級最強対決でリングに上がった直後の西岡利晃陣営。

立ち上がりからアグレッシブなノニートに対して、右ガードをあげ、隙を見て左を繰り出そうとするも防戦一方の西岡に、大ブーイングの嵐。ラウンドが進めど試合に動きがなく、ファンのテンションもやや中だるみ気味に…。

それでも日本人ファンたちが「ニシオカーッ!」と叫ぶと、今度はメキシカンやフィリピーノたちが一斉に「ピカチュー!!」と叫び返すというギャグの様なやりとりが繰り広げられる。聞くと「NISHIOKA」が「PIKACHU」に聞こえると言う。舐められたもんだが、お祭り気分でちょっと楽しい。

6R後半、ドネアが放った2発の左アッパーを喰らってカウント8のダウンをする西岡。

そして9R目、再度勝負に出たところにカウンターの餌食となり、レフェリーストップでTKO負け。リングからファンに向かって手を合わせて謝る西岡。この後、インタビューもなくリングを降りた。

その後もリング上ではドネアのインタビューが続く。こうして、13日(日本時間14日)、米カリフォルニア州カーソンで行われた、世界Sバンタム級最強対決、4階級制覇のWBO同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)vs WBC同級名誉王者西岡利晃(帝拳)の一戦は、ドネアが9回1分54秒TKO勝ちで終わった。非常に残念な結果ではあるけど、日本人ボクサーが、ボクシング大国アメリカの舞台で活躍する未来に向けての大きな一歩であったことは間違いない。

それにしても2003年6月に開場したHOME DEPOT CENTERでのボクシング観戦。ロサンゼルス・ギャラクシーのホームスタジアムは、まだまだ新しくて綺麗だし、仮設リングまでの距離がかなり近くて迫力満点。女性の観客の多数。ラスベガスまで行けなくてもボクシングを楽しめるし、大きな試合がなくてもローカルの試合を楽しむにも十分。ボクシング観戦 in L.A.、最高です。

最後にクイズ。会場で見かけたこの日本の有名人男性は誰でしょう。( ヒント:顔がバカでかい吉本のお笑いタレントで、ダウンタウンと同期。元ボクサー。 )

<関連サイト>
西岡利晃オフィシャルブログ
NONITO

L.A.の伝説的マフィア – ミッキー・コーエンとロサンゼルス市警の戦いを描いた超骨太肉食系マフィア映画「ギャングスター・スクワッド」

Read more

L.A.の伝説的マフィア – ミッキー・コーエンとロサンゼルス市警の戦いを描いた超骨太肉食系マフィア映画「ギャングスター・スクワッド」

ご存知だろうか、この男。1940年代から50年代にかけて暗躍したロサンゼルスの伝説的なギャング。当時のマフィアを題材にした小説を読めば、アル・カポネ、フランク・ニッティ、ジミー・ホッファ、サム・ジアンカーナ、ベンジャミン・シーゲルなどとともに、必ずと言っていいほど登場する悪名高きギャングであり、ドラッグ・銃器取引・売春によって当時のロサンゼルスを支配していた最悪最凶のマフィアのボス、ミッキー・コーエン ( MICKEY COHEN )だ。

ブルックリンのユダヤ人家庭に生まれたミッキー・コーエンは、10代からプロボクサーを目指して修行をし、世界フェザー級チャンピオンのトミー・ポールと戦うまでに至るも敗北する。その後、アル・カポネ率いる犯罪組織シカゴ・アウトフィット(CHICAGO OUTFIT)の用心棒としてギャング入りすると、トランプ賭博の胴元として頭角をあらわし、ラスベガスを作った男「バグジー」ことベンジャミン・シーゲルの用心棒となった。

1947年にシーゲルが殺されると、その首謀者たちが潜んでいたハリウッドのルーズヴェルトホテルに飛び込み、45口径セミオートマティック2丁を両手に持ってロビーの天井に向けて乱射、「10分以内に表へ出ろ!」と叫ぶも、駆けつけたロサンゼルス市警に囲まれ、命からがら逃げ出したという有名なエピソードもある。

シーゲルの死後、暴力で相手をねじ伏せるやり方でシンジケートの用心棒から「サンセットのキングピン」と呼ばれるまでに伸し上ると、恐怖政治によって警察や政治家をも操って、当時のロサンゼルスを思いのままに支配したミッキー・コーエンだが、そのあまりにも破天荒で冷酷で暴力的な性格から、たびたび命を狙われ、ブレントウッドの自宅を爆破されると、その後は要塞のように厳重に大改造して、投光照明などの警備システムや、兵器庫まで備えたと言われる。


また、ケネディ大統領暗殺の容疑で逮捕されたオズワルドを射殺したあのジャック・ルビーも、ミッキー・コーエンの友人。さらにそのケネディ大統領の親友でもあった歌手のフランク・シナトラとも交流があったが、コーエンの用心棒であり、俳優でもあった無類の遊び人ジョニー・ストンパナートが、シナトラの妻エヴァ・ガードナーに手を出したため、シナトラはコーエンの自宅を訪ねてジョニーを止めるように懇願したというエピソードもある。またそのジョニー・ストンパナートは、ある日、イギリスの撮影現場で、嫉妬のあまり、俳優ショーン・コネリーの頭に銃を突きつけて脅すも、逆にコネリーに銃を奪われ、国外退去を命じられたという話もあるトラブルメーカーだった。

そんなミッキー・コーエンによるロサンゼルスの支配に終止符を打つべく秘密裏に集められたチームがあった。ロサンゼルス市警巡査部長のジョン・オマラ(ジョシュ・ブローリン)とジェリー・ウーターズ(ライアン・ゴズリング)率いるギャングスタースクワッド。彼らが、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)の手からロサンゼルスを取り戻すべく、血で血を洗う戦いを描いたのが、本作『GANGSTER SQUAD(ギャングスタースクワッド)』だ

出演は『ドライヴ』のライアン・ゴズリング、『カリートの道』のショーン・ペン、『ノーカントリー・フォー・オールドマン』『トゥルーグリッド』のジョシュ・ブローリン、『ターミネーター2』のロバート・パトリック、『パブリック・エネミーズ』のジョヴァンニ・リビシ、『狼たちの街』『Uターン』のニック・ノルティなどなど、骨太ハードボイルド作品経験済みの、男が惚れる男たち、映画通も痺れる超豪華な名優たちがズラリ勢揃いし、奇跡の競演を果たした。

実はこの映画の中に、ハリウッドのチャイニーズシアターで、男達が観客達に向かって銃を乱射し、劇場が血の海になるシーン(下記2番目のトレーラー)が含まれていた。オリジナルの予告編が公開された直後の2012年7月20日に、映画「ダークナイトライジング」のプレミア上映がされた映画館での銃撃事件「コロラド州オーロラ銃乱射事件」が発生したため、映画の公開は自粛延期され、問題のシーンは撮り直されることが発表された。ただし、同シーンが実際に削除されるか、そのまま使用されるかは未発表といういわくつき。そんな待望の映画『ギャングスター・スクワッド』が、満を持して、遂に年明けに公開する。

先日公開されたばかりの『GANGSTER SQUAD(ギャングスタースクワッド)』の新作予告編やポスターなどのビジュアル(上記写真左)を見る限り、史上最強最凶のマフィアのボスミッキー・コーエンを演じる名優ショーン・ペンと、対するLAPDの若きホープを演じるライアン・ゴズリングと巡査部長役ジョッシュ・ブローリンによる秘密警察組織という構図は、1987年のマフィア名画…

サンタモニカビーチでジョギング中の女性が襲撃 容疑者は30歳前後のあごひげの白人男性

Read more

サンタモニカビーチでジョギング中の女性が襲撃 容疑者は30歳前後のあごひげの白人男性


A sketch of the man involved in a sexual assault that occurred along the 800 block of the beach at approximately 4:50 a.m. on Wednesday, Oct. 10.

サンタモニカ警察は、10月10日水曜日の早朝4時50分頃、8番ライフガードタワー近くをランニングしていた女性が、突然現れた男性に追い掛けられて逃げるも、砂の上に押し倒され、肉体的および性的暴行を加えられた。被害者の女性は容疑者を振りほどき、PCH(Pacific Coast Highway)に向かって逃げると、容疑者もそのまま北へ逃げたという。被害者女性の証言によると、容疑者は30歳くらいの白人男性で、神は茶色の短髪、身長は5フィート6インチの痩せ型で筋肉質、ショート丈の青ジーンズのみ着用、あごひげを生やしており、目だった傷や刺青などはないという。上記はサンタモニカ警察が公開した似顔絵。

現在、第一捜査段階にあり、事件に関する何らかの情報や目撃情報がある場合は、下記まで連絡を。

Detective Phillip DeRyck at 310.458.8944
Sergeant Darrick Jacob at …

ホオジロザメに喰われかけたときの対処法 BEST 3 – ロサンゼルス在住者必見!

Read more

ホオジロザメに喰われかけたときの対処法 BEST 3 – ロサンゼルス在住者必見!









© Copyright image courtesy of Michael Mueller

映画『ジョーズ』でお馴染みのホオジロザメホホジロザメ)は、全長4~6m、体重1~3トン、最高遊泳速度35km/h、狙った獲物に体当たりする時の衝撃は20G~50Gと言われる。これは時速100kmで走る車が人間にぶつかる時と同じ衝撃。体当たりされただけで人間は即死だ。たとえ、その体当たりをかわしたところで、15キロの肉塊を食いちぎるノコギリのような鋭い歯と強靭なアゴで襲われて、ジ・エンド。

そのホオジロザメによる襲撃事件が世界で一番多いのが、何を隠そう、このカリフォルニアなのだ。1876年以降、世界中で起きたサメによる人身事故224件のうち、84件がカリフォルニアで、2位の南アフリカ47件、3位のオーストラリア41件を大幅に引き離してのダントツの1位。

カリフォルニア州サメ襲撃事件マップ(上図)によると、犠牲者たちがサメに襲撃されたときの活動内容の欄には、サーフィン、スイミング、スキューバダイビング、スピアフィッシング、カヤッキング、ボートフィッシング、海中撮影、海難事故など様々だが、中には、1966年にハンティントンビーチで「WALKING」中だった15歳の少女が、サメに足を噛まれたという例もある。

つまり歩いているだけでサメに襲われるのがカリフォルニアなのだ。

また、これまでホオジロザメというのは、ランダムに海を泳ぎ、ふとしたときにたまたま沿岸に現れるものだと信じ込まれていたのだが、最近になって、実はそれがとんでもない間違いだったことが証明された。2001年から2009年にかけて、サメ専門の科学者たちが179匹のホオジロザメにセンサーを付け、人口衛星を使ってその生態を観察したところ、実はホオジロザメは、ハワイとカリフォルニアの間を回遊していることが分かった。

下記の図の赤い部分がホオジロザメの分布図。毎年4月~7月には、カリフォルニアとハワイのちょうど真ん中、専門家たちが「カフェ」と呼ぶ地点に集まり、8月~2月になると、アザラシなどのエサを求めて、ハワイやカリフォルニアの沿岸で過ごしていることが分かったのだ。

最近では、フカヒレ漁等の乱獲、害獣としての駆除、スポーツ・ハンティング等の影響でホオジロザメの生息数は激減しているが、世界中で3500匹いると言われるホオジロザメ、この様子だとその半分近くはこの「カフェ」を中心に、カリフォルニアとハワイの間でたむろしていることになる。

だから、カリフォルニアに住んでいる以上は、サメに食わかけたときに、どう対処したら良いかくらいは知っておいたほうが良さそうだ。当然、彼女や奥さんがホオジロザメに食われかけている場合にも応用が出来る。そう思って調べてみたところ、下の3つが有効っぽいことが分かった。

1. 目を押す。

オーストラリアのアワビ取りの男性。頭から上半身を食われかけたが、辛うじて伸ばした手の先に、サメの目玉があったので思い切り押したのだそうだ。ちょうどテニスボールくらいの大きさの目玉を握り潰してみると、びっくりしたサメが思わずアゴを緩めて口を開けたので、その瞬間に逃げることが出来たという。かつて、オランダの格闘家ジェラルド・ゴルドーは、このサミング(目潰し)という野蛮な反則行為を多用して恐れられたが、どんな格闘技の試合でもサミング(目潰し)が禁止されていることからも分かるように、恐らく、ホオジロザメにも、目潰しが一番有効であろう。

2. 鼻を殴る

南アフリカのダイビングガイド アンドレ・ハートマン(Andre Hartman)

2012アメリカ合衆国大統領選挙の一般有権者による投開票が11月6日に行われます。もし、あなたが投票するとしたらどっち?【アンケート】


© Copyright image courtesy of
Bluewater Productions

2012年アメリカ合衆国大統領選挙(The United States presidential election of 2012)は、2012年11月6日に執行される予定の次期アメリカ合衆国大統領および次期アメリカ合衆国副大統領を選出するための選挙。当選した人物は2013年1月20日に正式にアメリカ合衆国大統領および副大統領に就任する。

2012アメリカ合衆国大統領選挙の一般有権者による投開票が11月6日に行われます。もし、あなたが投票するとしたらどっち?

  • Mitt Romney (53%, 16 票)
  • Barack Obama (47%, 14 票)
  • 総投票数 : 30

     Loading ...

    天国のヒース・レジャーが甦り、ブラッド・ピットもジョニー・デップも呆然!神の領域に達した驚愕の創造主ホットトイズのフィギュアが凄い

    Read more

    天国のヒース・レジャーが甦り、ブラッド・ピットもジョニー・デップも呆然!神の領域に達した驚愕の創造主ホットトイズのフィギュアが凄い






















    フィギュアと言えば、中学生の頃、プラモデル屋(模型屋)さんで見た海洋堂の『エイリアン』に度肝を抜かれて以来、マクファーレントイズ社の『SPAWN』や、ジュンプランニング社の『ナイトメアビフォアクリスマス』、メディコムトイ社『ルパン三世』『あしたのジョー』、シンクウェイ社『トイストーリー』、さらにエピソード1公開時に大ブームを呼んだハスブロ社製『スターウォーズ』などなど、時代時代によって夢中になったものだが、そんなフィギュアたちも、アメリカに来るときに泣く泣く手放した辛い記憶が…。それでも、ロサンゼルスでトイストアを見つけると、つい気になって立ち寄ってしまうことも。何歳になっても、男にとって、フィギュアって魅力的なもの。

    そして、この数年フィギュアコレクターたちの圧倒的な支持を得ているのがホットトイズ社のフィギュアたち。かつてのフィギュアとは比較にならないほど精巧で緻密。人間の肌、皺、眼球の輝き、髪の毛一本一本までの自然さ、握った拳に浮き上がる筋、ファブリックの質感、まるで映画のワンシーンをそのままスクリーンから切り取ってきたような生っぽさ。< !–more–>

    昔のフィギュアは、マスクを被っていたり、ロボットものばかりが人気で、人間の顔が出ているタイプのものは、あまり人気がなかった。全然似てないからだ。でもホットトイズのフィギュアたちはそんな常識を完全に覆した。映画で見たあのキャラクターたちが、まるで俳優生き写し。その異常なまでにリアルな表情と、全てを見抜いているような鋭い視線で、こちらを圧倒する。例えばバットマンのように、瞳と口だけしか見えなくても、そこにしっかり表情がある。それがホットトイズフィギュアの一番の魅力だ。

    ホットトイズフィギュアのもうひとつの魅力は、クリエイターたちが、そのキャラクターの魅力を熟知している点。あの映画のあのシーンのあの表情、あの手の動き、あの視線…そんな一瞬に凝縮されたキャラクターの魅力をガッチリ押さえているところ。そして、採用するキャラクターのセンスの良さ。どんな映画の脇役でも、何十年も前の歌手でも、あまりヒットしてない日本映画のあのキャラクターでも、絶対に手を抜かない、作り手たちの情熱がひしひしと伝わってくる。さらに、稼動箇所は35箇所以上に及び、稼動範囲は無限大。表情の違う頭部や、手首なども自在に交換ができ、ありとあらゆるポーズや表情を再現可能。

    そして…なんと…眼球までが動くのだ!!PERS(Parallel Eyeball Rolling System)と呼ばれるこの画期的な眼球可動システムは、黒眼の焦点を動かすことができる新機能!ポーズに合わせた最適な視線を再現することが可能になる「フィギュアの可能性を無限大に拡げることができる新技術」だ。(最上位ブランド「DXシリーズ」のみ。)

    正直、ここまで来るとドン引き(笑)昔のフィギュアみたいに突っ込みどころ満載な隙が全然なくて、ちょっと寂しかたりもするけど、一度手に取ると、その迫力に、全てぶっ飛んでしまいます。

    そして実際の価格。例えば、人気の1/6 ムービーマスターコレクションは、一体20,000~48,000円。(最高額はアイアンマンのIRON MONGER)簡単には手が出ませんが、それに見合うだけの期待を裏切らないクオリティの高さ。これこそまさに「おとなのオモチャ」。男なら買うしかない。

    そんなホットトイズから、先日10月2日に、映画『ダークナイト ライジング』のパッケージが公開された。

    ホットトイズでは、今年のクリスマスシーズンから来春にかけて、『ダークナイトライジング』『アベンジャーズ』『スターウォーズ』と、ファン待望の新製品の目白押し。やはり一番の注目はトム・ハーディが演じたバットマン史上最強にして最後の敵「ベイン」でしょうか。やばいですね、このベイン。顔のほとんどが隠れていながら、圧倒的な視線の鋭さと、どっしりした肉体の重量感、そしてレザーのコートをはじめとしたコスチュームまでを完璧に再現しています。果たしてフィギュア版ベインは、ヒース・レジャー演じたジョーカーを越えることが出来るのか…。

    今回は、ホットトイズフィギュアの中でも特にクオリティの高いキャラクターを上に取り上げましたが、他にも、マイケル・ジャクソン、…