『永遠の0(ゼロ)』(百田尚樹・著)をニッポンの「建国記念の日」に、ロサンゼルスで読んでみる。