検索する言葉を入力してリターンキーを押してください。キャンセルはESCキーまたは右上のXをクリックしてください。

Monthly Archives:

October 2013


ロンドン!ハワイ!テキサス!世界中の映画祭で話題の『SAKE-BOMB』(濱田岳主演、サキノジュンヤ監督作品)が、11月8日から遂に待望のロサンゼルス劇場公開スタート!

Read more

ロンドン!ハワイ!テキサス!世界中の映画祭で話題の『SAKE-BOMB』(濱田岳主演、サキノジュンヤ監督作品)が、11月8日から遂に待望のロサンゼルス劇場公開スタート!

「ジャパラマガジン」では、今年6月、いま話題の映画『SAKE-BOMB』のサキノ・ジュンヤ監督にお会いしてインタビューをさせていただき、2回に渡って特集を組ませていただきました。同映画は、当時すでに『サウス・バイ・サウス・ウエスト映画祭』『ロサンゼルス・アジアン・パシフィック映画祭』等で上映され、アメリカ国内で注目を集めていましたが、その後も世界中からひっぱりだこ。サキノジュンヤ監督をはじめ関係者は多忙を極めながらもうれしい悲鳴をあげている。

07月12日~「アジアン・フィルム・ダラス映画祭」にて上映。
08月26日~ 米国最大のケーブルテレビ会社「コムキャスト」にて5日間の放送。
09月25日~「レインダンス映画祭」にて上映。
10月10日~「第33回HIFFハワイ国際映画祭」にて上映。
10月24日~「ボストン・アジアン・アメリカン映画祭」にて上映。
10月31日~ ロンドンの「イーストウインド映画祭」にて上映。

本日、10月31日から4日間に渡ってロンドンで開催される「イーストウインド映画祭」(日産自動車協賛)では、主催者らが「カルト作品からメジャー作品まで幅広い作品群の中から、スタッフが厳選したクオリティの高いアジア映画を紹介する」と謳う「サード・ウインド・プレミア上映会」で『SAKE-BOMB』が選出されている。まさに今注目の『SAKE-BOMB』。メディアでもその評価は高い。

『SAKE-BOMB』は、パッと見たところは愉快で楽しそうなパッケージの中に、感情むき出しの圧倒的な衝撃を詰め込んで、あなたに届けてくれる。(EXAMINOR)★★★★☆ 10月25日

『SAKE-BOMB』は、単純な男の友情を描いたロードムービーと見せかけて、実は感情の奥深くを揺さぶる傑作(EASTERN KICKS)★★★★★ 10月28日

全編英語!濱田岳出演『SAKE-BOMB』がロンドンの映画祭で上映(シネマトゥデイ)10月1日

そして今回、ロサンゼルス在住の日本人のみなさまに朗報!ここロサンゼルスで、映画『SAKE-BOMB』の劇場公開が遂に決定しました。場所はリトルトーキョーにほど近いインディペンデント系の映画館「ダウンタウンインディペンデント」。上映期間は11月8日金曜日から14日木曜日までの7日間。

そして、今回新たに製作された映画『SAKE-BOMB』予告編動画がこちら。

ロサンゼルスで生活されている皆様なら、共感できたり、笑えたり、心を打たれる場面が少なくないはず。映画館を離れても、何か心に残り、考えさせられる。今後ロサンゼルスで、アメリカで生活していく上でも、この映画を見ているのといないのとでは、大きな差が出てきそうな深いテーマを内包した作品なんです。というわけで、ジャパラオススメの映画『SAKE-BOMB』を、是非お見逃しなく。

SAKE-BOMB LOS ANGELES THEATRICAL PREMIERE
DOWNTOWN INDEPENDENT…

リバー・フェニックス 没後20周年に振り返る1990年前半の東京男子校不良カルチャー

Read more

リバー・フェニックス 没後20周年に振り返る1990年前半の東京男子校不良カルチャー



©
Warner Bros.



©Universal Pictures.

©Columbia Pictures.

©Warner Bros.

©New Line Cinema

ボクの父親は、ボクが大学二年の春に死んだ。その父親に連れられてはじめて映画館で見た映画が『スタンド・バイ・ミー』。最後に一緒に映画館で見た映画が『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』だった。その両作品に出演していた俳優リバー・フェニックスが死んだのは、ボクが大学二年の秋。場所は、当時ジョニー・デップがオーナーをしていたハリウッドのクラブ『ザ・ヴァイパー・ルーム』の前。死因はコカインのオーバードーズ。一緒にいたのがレッチリのフリーだった。首都高を走る車の中で聞いていたラジオが、番組を中断して伝える速報を聞きながら、リバー・フェニックスの死がどんな状況だったのかを想像した。

その二年後、はじめてロサンゼルスに来た頃、ヴァイパールームに行く機会があった。ジョニー・デップが元オーナーで、リバー・フェニックスが死んだ「あの店」は、サンセット・ブルーバード沿いにある、何てことのないちっぽけな古臭いライブハウスだった。その日のライブそっちのけで、店内や周辺の様子を眺めて歩いた。「こんなところで死んだのか…。」なんだか拍子抜けしたとともに、余計に悲しく寂しい気持ちになった。

そのリバー・フェニックスの死よりも数年前。ボクらが高校生になりたての頃、仲間うちのあいだで、神扱いだった3人の俳優がいた。『アウトサイダー』のエミリオ・エステベス(マット・ディロン派と2分だった)、『バッド・ボーイズ』のショーン・ペン、そして『旅立ちの時』のリバー・フェニックスだ。どの作品も当時すでに公開から何年か経っていたが、仲間うちでビデオを貸しあっては、あれこれ語りあった。当時のボクらのファッションも、これらの映画から影響を受けていた。アメリカがまだキラッキラに輝いて見えた古き良き時代のことだ。

当時、まだ渋谷に数件しかなかった古着屋を回っては、『アウトサイダー』でエミリオ・エステベスが着ていたミッキー・マウスのTシャツを探したり、ボタンフライのデニムに興奮したり、タロン社製のジッパーに胸を躍らせたり、3つ星のチャックテイラーや、66モデルやギャラ入りの501xxにワクワクし、ジッポの底面の刻印を見てはニヤニヤしていた。タバコはマルボロ。「マルボロ」の名前の由来が「Men Always Remember Love Because Of Romance Only」の頭文字なんだとか、「ラッキーストライク」の意味は原爆が広島に命中してラッキーだっていう意味だから、絶対に買っちゃダメなんだとか、誰かがそんなデマを流したのもその頃だ。

そしてショーン・ペンの『バッド・ボーイズ』を見てからは、長袖のデニムシャツにリーバイス517ブーツカット、それにアディダスのカントリーを合わせるのがやたらとカッコよく思えた。ショーン・ペンを真似て髪を伸ばし、冗談交じりにショーン・ペンの真似をしながらセーラムを吸った。その後、ウィンストンに乗り換えたのも、メンソールはインポになるとかいう噂が出たり、単に飽きてきた頃に、同映画でホロウィッツが吸っていたのと同じ70年代当時のパッケージが日本で販売されるようになってからだ。

センター街がだんだん物騒になって来た頃、レッドウイングのエンジニアブーツが流行り始めた。その造形の美しさもさることながら、ケンカになったときに、鉄板の入ったつま先で相手を蹴る武器になるという利点もあった。最初は冗談かと思っていたけど、実際に顔面を蹴られて顔が陥没して入院した後輩もいた。当時は学校同士や「チーム」同士のケンカが頻発したため、護身なのか威嚇なのか、怪しい武器を持ち歩いているヤツもいた。当時一部の古着屋さんで、特定の店員に声を掛ければいかがわしいモノが出てくるような店もあり、それもひとつの文化として面白い時代だった。何かと物騒だけど刺激に溢れていたのだ。

武器と言えば、『アウトサイダー』でエミリオ・エステベスが衝撃的なトリックを披露したバタフライナイフや、ロサンゼルス市警と同じメーカーのバトン(警棒・ライオットスティック)なんかも一部の古着屋で売られていた。バトンは、忍者が背中に刀を背負うように、ジーンズの後ろのベルトループから指して、左のバックポケットに突っ込むのだ。右手で引き抜いて一振りすると、パパンッ!と2段分伸びるモデルのもの。また誰だかが、枕カバーに缶コーラを3本入れたのを、わざわざ家から電車に乗って渋谷まで持ってきた…なんていう話もあった。これは『バッドボーイズ』の中で、刑務所のボスたちに襲われる直前に、ショーン・ペンが即席で作り上げた武器なのだ。(右上写真参照。)当時は、そんな話が面白くて仕方がなかった。(やがて渋谷の一部のチームに暴力団の魔の手が忍び寄り、センター街で本当に殺傷事件が起きるより前の頃のお話。)

そんなアメリカ映画で見る不良のカッコ良さに夢中なボクらだったが、ケンカの強さやタフさが男のカッコよさに見えていた頃に、何かとてつもなく新しい空気を纏って颯爽と現れたのが、リバー・フェニックスだった。小学生のときに見た『スタンド・バイ・ミー』の頃の彼からは想像も付かない、まるで別人の様な成長ぶりが衝撃的だった。それまでに夢中になった映画の主人公たちは、言ってみれば、中学生が憧れる大学の先輩達くらいの差があったが、リバー・フェニックスは、同級生かもしくは1、2コ上の高校の先輩くらいな年齢的な近さを感じた。

とにかく、リバー・フェニックスのカッコよさというのは、新しくて、何か別格だった。『アウトサイダー』や『バッド・ボーイズ』で描かれた典型的なアメリカの不良っぽい、男っぷりのある役なんてほとんど演じなかったし、演じられなかっただろう。彼が演じる役は、いつも繊細で、ミステリアスで、イライラを内に秘めているような寡黙な少年の役が多かった。他の若手俳優たちが、少しでもクールな役を求めていた頃、リバー・フェニックスは、平気で男娼の役でも演じていた。腹の出たド変態なおっさんに金で買われて、おっさんのナニを○○○して最後にxxxしては、救いようのないほど悲惨な目に合う少年のような役をだ。しかも、そんな俳優人生を棒に振りかねないような役を(事務所の反対を押し切って)ノーギャラで演じていたというのだから、俳優としての男っぷりはかなりのもの。(その映画『マイ・プライベート・アイダホ』はベネチア国際映画祭男優賞を受賞。)当時のハリウッド俳優仲間たちにとってもカリスマであって、リーダー的存在だったというのも納得できる。

リバー・フェニックスという俳優には、誰もがズバ抜けた才能と魅力を感じていた。わずか17歳でアカデミー助演男優賞にノミネートされた「旅立ちの時」では、見たこともないような圧倒的な演技力で、当時のハリウッドの若手俳優の誰をも寄せ付けない存在感を見せ付けていた。この映画で、リバー・フェニックスが、ピアノでモーツァルトを演奏するシーンがあるんだけど、下記のインタビューにある通り、「(他の映画みたいに)ピアノを弾いているはずの手を映さないようなウソが嫌だから、練習して自分で弾いたんだ」と話している。このエピソードひとつとっても、彼がどれだけの才能を持った役者だったのかが…彼のピアノを実際に聞けばわかる。(下記動画参照)

柔よく剛を制すというけれど、そんな魅力的な繊細さをもったカリスマ性で、タフを売りにした若手映画俳優や名だたるバンドのメンバーたちまでを虜にして、当時のハリウッドの悪ガキたちの頂点に立っていたのが、リバー・フェニックスだった。もし、彼が今日まで生きていたら、きっとハリウッドはおろか、アメリカも違う国になっていたと言っても過言ではないかもしれない。彼にはそんな無限の可能性を感じさせる何かがあった。…

映画『スター・ウォーズ』 ファン垂涎の超貴重なNG映像が公開から36年経って発見

Read more

映画『スター・ウォーズ』 ファン垂涎の超貴重なNG映像が公開から36年経って発見

第一作目『スター・ウォーズ』のNG映像が公開から36年が経って見つかりました。スターウォーズファン垂涎の貴重な映像を是非ご覧ください。前知識なくご覧になりたい方は、下記のキャプション付き画像を飛ばして、一番下の動画を直接ご覧ください。全2分36秒。最初の48秒間は無音です。

第一作目『STAR WARS』パイロット版のオープニングロゴ

『STAR WARS』のクラッパーボード。プロデューサーのゲイリー・カーツの名前が。

後ろの役者が転んでヘルメットが脱げるNG

砂漠を逃げるC-3POが転ぶNG

ルークが乗るランドスピーダーのエンジンが爆発して、部品が吹き飛んでしまうNG

モスアイズリーカンティーナ酒場にて。言い争いをする二人の宇宙人。相手の胸を小突いた指が折れて呆然。

グランド・モフ・ターキンを演じるピーター・カッシングがセリフをとちって、レイア姫を演じるキャリー・フィッシャーの腕を思わず掴む。笑っているレイア姫の後ろには、NGが出ても無表情のダースベーダー。

チューバッカとのシーンでNGが出て、オビ・ワン・ケノビを演じるアレックス・ギネスがおどけるシーン

ストーム・トルーパーが爆破した壁の穴から突入するシーンだが、予期せぬ爆発の大きさに戸惑い、足を引っ掛けてモタモタする。

突入のスピードカ感が大事なこのシーンでグダグダになるストーム・トルーパーたち

ハン・ソロを演じるハリソン・フォードが、セリフをとちり、左手に持ったマイクを食べておどける

セリフをとちったマーク・ハミルが「スーパーノバ」の発音をスタッフに確認して自分のミスを誤魔化す

注意:最初の48秒は無音です。…

サウジアラビア女性運転禁止令の抗議サイトを乗っ取ったハッカーが歌う「NO WOMAN, NO DRIVE」が酷いけどうま過ぎる件

Read more

サウジアラビア女性運転禁止令の抗議サイトを乗っ取ったハッカーが歌う「NO WOMAN, NO DRIVE」が酷いけどうま過ぎる件



©
Alaa Wardi

©ALJAZEERA

みなさんご存知ですか?イスラム教国の中でも超保守的国家として知られるサウジアラビアでは、女性が車を運転することが法律で禁じられているんです。

ところが、昨日10月26日(土)、60人のサウジ女性がこの法律に抗議する目的で車を運転し、その動画をユーチューブにアップするなどして、女性が運転する権利を訴えたんです。同様のキャンペーンは過去にも行われたましたが、60人という数字は史上最多だそうです。キャンペーンの主催者であるアジザ・ヤセフさんによると、キャンペーンに参加した女性らから、運転したことを報告する13本の動画と、50件以上の電話があったそうです。当局によるとキャンペーン当日には、このキャンペーンに参加したことで逮捕されたり、交通違反チケットを切られた女性はいなかったそうです。(注:その後28日に、16人に罰金が課せられているという報道あり。)女性ドライブ禁止令に多大な影響を与えているイスラム聖職者教会は、イスラム女性がこの法を破ることは「わいせつで淫らな」ことだと警告をしているそうです。

これだけでも驚きのニュースなのですが、ここから先がちょっと面白い。なんとこのキャンペーンのウェブサイト「OCT 26 DRIVING」が、サウジアラビアの男性ハッカーによって乗っ取られ、現在も閲覧不可状態なんです。いまこのウェブサイトを訪問すると、下記のような画面があらわれて「このウェブサイトはハッキングされました。なぜならオレはこの神聖な国家で、女が運転することに反対しているからだ。」「これがアルジャジーラ(24時間放送のアラビア語の衛星テレビ局)が言っていた女性のリーダーシップキャンペーンのことだよ。がっかりしたか?」といった内容のメッセージがアラビア語で表示され、やがてハッカーらしき男性の声と彼本人が歌う歌が流れる。この歌はボブ・マーリーの「ノー・ウーマン・ノー・クライ」を文字って作った「ノー・ウーマン・ノー・ドライブ」。その歌詞もなかなか過激なのですが、彼の歌がびっくりするくらい本人に似ていて巧いんです。

音源を調べようと思ってハッキングされているページのソースを見てみると、ユーチューブのURLを発見したので、さっそくアクセスしてみた。ハッキングページの雰囲気とはかけ離れたなんだか楽しい雰囲気の動画が登場。アップロードされている動画のクオリティもかなり高い。そして、歌をうたっている本人がなんとも愛嬌がある。顔の骨格が似ていると声も似るとき聞きますが、顔がボブ・マーリー本人によく似ている気がしてしまいます。下記がその動画なのですが、このアクセス数が2日で270万越えと凄まじい勢い。コメント欄もまた凄い荒れようで、女性差別が当然のアラブ諸国からの書き込みと、アメリカを中心としたアラブ嫌いの英語圏からの書き込みでごった返し状態。女性を励ます内容の原曲を歌ったボブ・マーリーとはあまりに対極的な内容で、天国のボブも怒っちゃいそうですが、微妙にユーモアや愛情が感じられるような気もするのは私だけでしょうか…。

そして、驚きの大発見なのですが、この歌をうたっているヒシャム・ファギーさんのツイッターを見つけてびっくり。なんとあのオノ・ヨーコさんが彼をフォローしていたんです!!さすがはヨーコ。とっても謎ですが、いつまでたってもファンキーで素敵です。


ヒシャム・ファギー(Hisham Fageeh)はポケモン好き。

というわけで、ヒシャム・ファギー(Hisham Fageeh)さんが歌う問題の動画がこちら。歌詞の日本語訳を書いてみましたので合わせてお楽しみください。

ハロー、ボクの名前はヒシャム・ファギーだよ。ボクはアーティストでソーシャルアクテ­ィビストさ。特に音楽は聞かないんだけど、アメリカに留学していたときにジャマイカ人­のヤツが歌ってたこの歌に出会ったんだ。ボクの国の文化に関係する詩に置き換えて自分­で歌おうって決めたのさ。でも、楽器は使わないよ。じゃあ、才能のあるボクの友人たち­にヘルプしてもらいながら、ボクが歌うよ。

ノー・ウーマン・ノー・ドライブ(女は運転しなくていいんだよ)
ノー・ウーマン・ノー・ドライブ(女は運転しなくていいんだよ)
ノー・ウーマン・ノー・ドライブ(女は運転しなくていいんだよ)

キミが家族の車の後部座席に座っていたのを覚えてるよ
そこにいればキミの卵巣は安全で健康だから
たくさんたくさん赤ちゃんを産めるんだよ
いい友達をハイウェイの上で亡くしたよね
この明るい未来で過去のことを忘れちゃダメだよ
だから車のカギには触っちゃダメなんだ

ノー・ウーマン・ノー・ドライブ(女は運転しなくていいんだよ)
あのな、可愛い妹よ そのハンドルを触っちゃダメだよ…

ある大物演技派ハリウッド俳優のハロウィンコスチュームが黒すぎて怖いと話題

Read more

ある大物演技派ハリウッド俳優のハロウィンコスチュームが黒すぎて怖いと話題


©Pacific Coast News

ロサンゼルスも今ハロウィンシーズンまっただ中ですが、ハロウィンって完全にセンスが問われるイベントですよね。今年もハイセンスなセレブたちのハイセンスぶりをカメラに収めようと、パパラッチが街のあちこちに出動しています。さて、こちらの画像ですが、ある有名な俳優のハロウィンコスチューム姿です。誰でしょう?

このコスチュームを着ている大物演技派俳優は誰でしょう?

  • キアヌ・リーブス (28%, 18 票)
  • ジョニー・デップ (23%, 15 票)
  • ベニチオ・デル・トロ (18%, 12 票)
  • レオナルド・ディカプリオ (11%, 7 票)
  • 菊池凜子 (11%, 7 票)
  • ショーン・ペン (5%, 3 票)
  • エドワード・ノートン (5%, 3 票)
  • 総投票数 : 65

     Loading ...

    LEGO®で作ったレコードストアがノスタルジックでクールと話題 – The LEGO® Movie

    Read more

    LEGO®で作ったレコードストアがノスタルジックでクールと話題 – The LEGO® Movie

    eldeeem/FLICKR

    コロラド州フォートコリンズ在住のライアン・ハワター(Ryan Howerter)さんがLEGO®で作ったレコードストア。10月24日にFLICKRにアップロードされると、「ノスタルジック」「かわいい」「芸が細かい」「レコードを買いたくなる」などのコメントが寄せられ話題になっている。

    ロサンゼルスにもレコード屋さんがたくさんあるが、LAのレコードストアでも見られるような雰囲気がバッチリ再現されている。古くなって歪んだ木製の棚や、余ったレコードが無造作に入れられたカゴ、レコードの視聴機…中古のレコードの匂いやスリーブの音までしそうだ。お客さんのファッションや置いてあるレコードのジャケットから想像するに、シルバーレイクあたりのレコードストアか。

    実はこのライアンさん、LEGOマニアの間では知らない人はいないと言われるLEGO®非公認のカスタムキットのマーケットプレイス「ブリックリンク Bricklink」を運営する筋金入りのレゴグル。さすがのひと言です。世界中から1億7千万ものビジター数がある「ブリックリンク Bricklink」も、レゴファンなら見ているだけで楽しいはず。

    ところで、実は来年2014年に、ワーナーブラザーズ映画から、LEGO®初となるオフィシャル映画が公開される。LEGO®公認のレゴファンサイト「リブリック ReBrick」の投票で人気があったレゴ作品が映画に採用されるという仕組みで、ライアンさんの作品もエントリーしている。もしかしたらライアンさんの作ったこのレコードストアが映画に登場するかもしれない。是非応援しよう。

    パブロ・ピカソ生誕132年 -『LIFE』誌とのコラボで魅せた 光の軌跡で空中に描くライト・ドローイング(1949年)

    Read more

    パブロ・ピカソ生誕132年 -『LIFE』誌とのコラボで魅せた 光の軌跡で空中に描くライト・ドローイング(1949年)


    Gjon Mili-Time&Life Pictures/Getty_Images

    10月25日はパブロ・ピカソの誕生日。1881年生まれのピカソが68歳になった1949年。『LIFE』誌の写真家ジョン・ミリ(GJON_MILI)はライトペンを携え、南フランスにあるピカソのアトリエを訪ねた。ピカソはそのライトペンに興味を持ち、15分だけ時間をくれた。ピカソは暗闇の中でライトペンを持つと、ケンタウルス座や雄牛、自らのサインなど30点を空中に描いた。ミルは、ふたつのカメラを同時に使い、ライト・ドローイングをするピカソを前と横から撮影した。シャッターを開放したまま撮影することで、ライトの流れが宙に残る様子を写真に収めることに成功している。当時ライトの残像が消える前に光の流れを写真に収めるのはかなりのテクニックが必要だったであろう。そんなミリが撮ったピカソの作品ライト・ドローイングは、60年後の今も人々を魅了する。

    BEHIND THE PICTURE: PICASSO ‘DRAWS’ WITH LIGHT

    中国人民解放軍女性兵士 vs 日本人空手チャンピオン少女

    Read more

    中国人民解放軍女性兵士 vs 日本人空手チャンピオン少女


    ここ数年、調子こいて日本の領海侵犯ばかりするハエみたいに五月蠅い中国ですが、こちらは2009年に行われた中国建国60周年・中国人民解放軍創設60周年記念パレードで行進する女性兵士たちの様子。個性も色気もない四角い顔のブスがいっぱいならんでいます。1:05から登場する、車の天井を突き破ってボサーッと立っているアホ面した変態っぽいジジイは誰なんでしょうか…。セクハラばっかりしてそうな顔をしていますね。さらに4:05にニヤケ顔で写真を撮るチマチョゴリのババアが登場しますが、韓国が中国の属国であるかのようなこの演出。中国の覇権主義的な意図が感じられてチョット引きますね。ちなみに
    朝鮮の女性兵士はこちら

    続いてこの時のパレードの動画を素材にした、なかなかDOPEな作品を発見したのでご紹介。

    おどろおどろしくも軽快で、かつてのSQUAREPUSHERビョークらの映像作品を思わせ、なかなか病み付きになりそうな作品ですよね。その内容は「中国人民解放軍女性兵数3億人(Chinese Womens’ Army : 324,701,244)が、アメリカの全人口3億人(United States Population : 298,444,215)を上回っているけど、オレたち大丈夫?」的なことのようです。

    本作品は、ロサンゼルス在住のフィルムメーカーのIAN ASBJORNSEN さんによって制作されたもの。実際にはそんなにたくさん中国に女性兵がいるはずはないと思うけど、この映像に登場する中国人女子たちのカンフーやレンガ割り、戦車の下敷­きになるなどの過激なトレーニングが笑えます。ちなみにウィキペディアで調べた日米中の兵数と人口はこちら。

    <兵数> 中国140~280万人(推定) 米国140万人 日本15万人(自衛隊) 
    <人口> 中国13.4億人 米国3億人 日本1.2億人

    上記ビデオ内の数字はともかく、やはり、中国の数字はあなどれませんね。それでは実際に、中国人女性はどれくらい強いのでしょうか?それを証明する動画がこちら。

    元NBA選手ヤオ・ミン風の大男が、ホームレスっぽい少女が見つめていたパンのようなものを取り上げて食べようとしたところ、返り討ちにあって、ボコボコにされ、挙句の果てに股間を蹴られてうずくまるという様子を監視カメラが捉えたもの。中国カンフー少女、全然あなどれませんね。

    でもみなさん、ご安心ください。かつて、世界最強といわれたグレイシー一族をたったひとりで叩き潰した桜庭和志選手は言いました。「日本人は本当は強いんです。」と…。(「プロレスラーは…」だったかな。)まあ自衛隊にしろ、日本国防軍にしろ、日本軍にしろ、わざわざ出るまでもありません。ボクがいまネットから探し出してきたこの二人の少女がいれば、とりあえず中国人民解放軍女性兵くらいは全員倒せます。


    あらためて思いますが、ガキの頃、「明星 中華三昧」のコマーシャルで、「中国四千年の味」だなんて信じ込まされていましたが、実は中国ってたったの建国60周年。完全に糸井重里に騙されていたと思うと少し腹も立つわけですが、中国なんてアメリカと比較しても、まだまだ赤ん坊みたいな国だったんですね。早く成長して最低限の道徳観念を身に付けて欲しいものです。え?道徳がないのは筆者だって?…お後がよろしいようで…。

    < 関連記事

    「竹島に関する動画」編 – 外務省が発表した領土保全に関する動画②

    Read more

    「竹島に関する動画」編 – 外務省が発表した領土保全に関する動画②

    外務省は、沖縄県・尖閣諸島島根県・竹島が日本固有の領土であることを内外に理解してもらうための動画を初めて作成し、インターネット動画サイト「ユーチューブ」に掲載し始めた。領土に関する対外広報戦略の一環。動画は中国が領有権を主張する尖閣諸島と、韓国が実効支配する竹島の歴史的経緯について、音声や写真などで説明している。音声は日本語だけだが、来週以降、英語や中国語、韓国語、スペイン語、アラビア語など10の言語に順次翻訳する。今後は、ロシアと交渉中の北方領土や、韓国が「東海」と主張している日本海の呼称についても、日本の立場をアピールする動画を作成し海外広報に努める。(10月24日付 時事通信社より)
    外務省が発表した領土保全に関する動画「竹島に関する動画」編 全文書き起こし
    みなさん、竹島をご存知ですか?日本海に浮かぶ竹島は、17世紀当時の江戸幕府がアシカ漁などを公認することを通じて日本が領有権を確立。1900年代初期には漁業も本格化し、1905年政府は閣議決定により竹島の領有を再確認しました。第二次世界大戦後、サンフランシスコ平和条約の作成過程で韓国はアメリカに対して、日本が放棄すべき領土に竹島を含めるよう要請しましたが、アメリカは竹島が日本の管轄下にあるとしてこれを拒否。日本が放棄すべき領土に竹島は含まれず、国際的にも竹島は日本の領土とされました。しかし1952年韓国は国際法に反して公海上に当時の大統領の名前を付けたいわゆる李承晩ラインをひき、日本船への銃撃や警備隊を派遣するなどして、一方的に竹島を不法占拠しました。日本は国際司法裁判所への付託をこれまで三回提案してきましたが、韓国側はすべて拒否しています。日本は引き続き、平和的な方法により韓国との領土問題を解決していく考えです。

    外務省が日本政府の竹島問題に関する見解をまとめたページ

    竹島の領有権に関する我が国の一貫した立場
    1.竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。
    2.韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。

    (注)韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていません。

    パンフレット「竹島問題を理解するための10のポイント」
    下記は外務省が公開している「竹島問題を理解するための10のポイント」を説明したPDFファイルです。各言語での拡散用ファイルとしてご利用ください。。

    日本語版PDF)(英語版PDF)(韓国語版PDF)(アラビア語版PDF)(中国語版PDF)(フランス語版PDF)(ドイツ語版PDF)(ポルトガル語版PDF)(ロシア語版PDF)(スペイン語版PDF)。

    ジャパラマガジン 日中・日韓関係 
    「尖閣諸島に関する動画」編 – 外務省が発表した領土保全に関する動画①

    Read more

    「尖閣諸島に関する動画」編 – 外務省が発表した領土保全に関する動画①

    外務省は、沖縄県・尖閣諸島島根県・竹島が日本固有の領土であることを内外に理解してもらうための動画を初めて作成し、インターネット動画サイト「ユーチューブ」に掲載し始めた。領土に関する対外広報戦略の一環。動画は中国が領有権を主張する尖閣諸島と、韓国が実効支配する竹島の歴史的経緯について、音声や写真などで説明している。音声は日本語だけだが、来週以降、英語や中国語、韓国語、スペイン語、アラビア語など10の言語に順次翻訳する。今後は、ロシアと交渉中の北方領土や、韓国が「東海」と主張している日本海の呼称についても、日本の立場をアピールする動画を作成し海外広報に努める。(10月24日付 時事通信社より)
    外務省が発表した領土保全に関する動画「尖閣諸島に関する動画」編 全文書き起こし
    みなさん、尖閣諸島をご存知ですか?尖閣諸島には村がありました。日本政府は尖閣諸島の領有状況を慎重に調査した後、尖閣諸島がいずれの国の支配も及んでいないことを確認したうえで、1895年沖縄県への編入を閣議決定しました。翌年福岡県出身の実業家古賀辰四郎は尖閣諸島の一部を国から借りて鰹節工場などの事業を開始。尖閣諸島に人々が移り住みました。最盛期には200人以上の島民が暮らしていました。1951年のサンフランシスコ平和条約で尖閣諸島は沖縄の一部としてアメリカの施政権下におかれましたが、1972年の沖縄返還協定で日本に返還されました。中国は1970年代まで日本による尖閣諸島の実効支配やサンフランシスコ平和条約に基づき尖閣諸島がアメリカの施政権下におかれていたことについても何ら異議を唱えることがなかったばかりか、尖閣諸島を日本領として地図や新聞記事に記載していました。このように尖閣諸島は現在に至るまで疑いのない日本の領土なのです。

    外務省が日本政府の尖閣諸島をめぐる情勢(日中関係)に関する見解をまとめたページ
    尖閣諸島について
    1. 尖閣諸島が日本固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らかであり,現に我が国はこれを有効に支配している。尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題はそもそも存在しない。

    2. 1968年に周辺海域に石油資源が埋蔵されている可能性が指摘された後,1971年から中国政府及び台湾当局が同諸島の領有権を公に主張。
    尖閣諸島をめぐる経緯
    1895年1月 閣議決定により尖閣諸島を沖縄県に編入。

    1946年1月 連合国最高司令官総司令部覚書により日本の行政権が停止。
    (米国による沖縄施政が開始)

    1951年9月 日本との平和条約(サンフランシスコ平和条約)署名。
    台湾及び澎湖諸島の領有権の放棄(第2条):尖閣諸島は日本領として残る。
    南西諸島を信託統治下に置くことを念頭に米国が施政権を行使(第3条)。

    1968年 国連アジア極東経済委員会(ECAFE)の沿岸鉱物資源調査報告。
    ⇒東シナ海に石油埋蔵の可能性ありと指摘

    1971年6月 沖縄返還協定署名。米国から日本に対する施政権の返還。
    同協定の合意議事録で返還対象区域に尖閣諸島が含まれている。

    1971年 中国及び台湾が初めて公式に「領有権」を主張。
    (台湾の主張=「外交部」声明:6月、中国の主張=外交部声明:12月)

    1992年 中国が「領海及び接続水域法」を制定。
    我が国の主張のポイント
    ①1951年のサンフランシスコ(SF)平和条約で日本は台湾を放棄。
    尖閣諸島は日本領として残される。 → …

    ハロウィンのためにパパが作ったLEDスーツを着た赤ちゃんの動画が爆発的な人気に!!

    Read more

    ハロウィンのためにパパが作ったLEDスーツを着た赤ちゃんの動画が爆発的な人気に!!

    ハロウィンまであと一週間。みなさんは今年のコスチュームは決まりましたか?今回ご紹介する動画は、ハンティントンビーチ在住のロイス・フテインさん、YOUTUBEアカウント名Visual Brritoさんが製作した動画「Baby LED light suit halloween costume preview」。ロイスさんが、わが子のために、LEDライトを使って製作したハロウィンコスチューム。それを着て暗闇の中で奇声をあげながら、ママを追いかけて小走りする赤ちゃん。その姿があまりにも可愛くて大ウケ。アップロードからたったの1日で500万件を越える再生回数で大人気のようです。ぜひご覧ください。実はこのロイスさん、以前にも同様のLEDスーツを着てスノーボードをする映像作品を公開しているので、こちらの作品も合わせてお楽しみください。

    アフリカ旅行で遭遇したチョット笑える看板・広告・標識 厳選36


    「希望充電センターへようこそ。」辛いとき、ここに来れば、笑顔で帰れそう。

    「愛の王様ヴァンパイア族 男女共用美容院&理髪店 黒人も白人も受付中、血は同じ。携帯電話の充電もします。ヴァンパイア族への参加は右記Eメールで。 」(タンザニア連合共和国)

    「クロコダイルの檻の中にモノを投げ入れたら、ご自分で取りに行っていただきます。」(ジンバブエ)

    「もし この道でユーモアを失くしたら どうか振り返って探してきてください!!!」(モザンビーク)

    「二日酔いボトル店」(タンザニア連合共和国)

    「フェイスブック ログイン」よくみると暗闇の中に女性が座っています。いいね!と言ってるのでしょうか。

    「ここで飛び跳ねる行為は厳しく禁じられています その方法を使った人は処罰されます 国立公園・野生生物管理所」

    「歯医者 サービス内容 抜歯 歯の詰め物(保存) 歯の掃除」

    「男性の包茎手術および歯科業務」

    「この街一番のパーマを エロティックヘア&ビューティーギャラリー」

    「オマラ クラシック家具&棺桶センター」

    「トイレの後に手を洗うことができないほどイライラして(インペイシェント)たら、病人(ペイシェント)になりますよ。」

    「注意 – 酔っ払いが横断しています。」

    「ストリートチルドレン(路上生活児童)誰のせい?」

    「違法駐車をしても大丈夫です。」

    「骨なしバナナ」

    「神の慈悲サロン どんなヘアスタイルもおまかせ 携帯電話充電はこちら」

    「明日のあなたがどうなるかは、今日のあなたの選択次第。ひどい未来は今日のあなたのひどい決断の結果だということを忘れないで。」

    「政治腐敗は破滅的 止めましょう!」

    「スペシャル朝食 – …

    心臓バクバク!GoProが公開したケリー・マクギャリーによる高低差22mのキャニオンでのバックフリップ映像がマジでヤバいッ!


    10月22日
    「GoPro : 高さ22mのキャニオンでバックフリップ – ケリー・マクギャリー レッドブルランページ2013」が公開され、たったの24時間で80万件を超える再生回数を達成している。

    プロマウンテンバイカーのケリー・マクギャリーが、レッドブルランページ2013で、22m(72フィート)の高さのキャニオンでバックフリップに挑戦した。その際に本人のヘルメットに取り付けられたカメラGoProで撮影された本人視点の映像が公開された。

    コメントには…

    「動画を見ているだけで目まいがする!」
    「ケリーの息づかいがスゲー!」
    「オレなんて、この動画を見ているだけで、本人よりも息づかいが荒くなってるぜ。」
    「手に持っているビールをこぼしそうだよ。」
    「狂ってるぜ!」
    「息づかいじゃなくて、鼻歌歌ってるんじゃないのか?」
    「なんてキン○マのでかい男なんだ。」
    「何をうたってるんだろう?」
    「見ているだけでオシッコでちゃいそうだよ」

    …などなど多数のコメントが寄せられている。

    20cmでもズレれば確実に死が待ち受けているような地獄のミッションを完了後、インタビューを受けたケリーは「昨夜は、本当にこんなことするべきなのかって頭がおかしくなりそうだったよ。(中略)でも、オレにはスピードがある。やれるって感じたんだ。」と話した。

    10月14日にイベント主催者であるレッドブルによって公開された俯瞰から撮影した映像はこちら。

    日本が世界に誇るギネス認定「生放送単独司会世界最高記録」番組タモリさん司会『笑っていいとも!』が32年で終了【動画あり】

    アメリカの生放送単独司会番組
    アメリカの生放送単独司会番組と言えば
    ラリー・キング『ラリー・キング・ライブ』オプラ・ウィンフリーの『オプラ・ウィンフリー・ショー』デイヴィッド・レターマン『レイト・ショー』ジェイ・レノ『ザ・トゥナイト・ショー』などが挙げられるが、「世界一有名な司会者」といわれたCNNのラリー・キングが、2010年に25年間続いた自身の番組にピリオドを打つと、続いて2011年には「20世紀最高のテレビシリーズ」と謳われた『オプラ・ウィンフリー・ショー』も同じく25年で終了。またジェイ・レノは、2009年に17年目で中断してコナン・オブライアンに一度番組を預けている。

    昨年『レイトショー』の司会者デイビッド・リッターマンが30年越えの記録達成に必死になっているという報道で話題になった(*1)ように、世界的な超テレビ大国アメリカをもってしても、単独司会者による番組継続年数30年という壁はとても分厚いことが良くわかる。

    写真は、プーチン大統領にインタビューするCNN『ラリー・キング・ライブ』司会者ラリー・キング。

    日本が世界に誇るトークショー司会者
    一方で我らがジャパン。現在継続中の単独司会者長寿番組というと黒柳徹子さん(右写真・1956年)の『徹子の部屋』(1976年から37年目)が浮かぶ。黒柳徹子と言えば、累計770万部を誇る戦後最大のベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』の著者でもあり、1984年から現在に至るまで国際連合傘下のユニセフ(国際連合児童基金)親善大使としても活動している。アメリカでは、アンジェリーナ・ジョリーが2001年から国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使となり、慈善活動に熱心なオプラ・ウィンフリーは、これまでに総額250億円にものぼると寄付をしている。言わば、日本が誇る名司会者・黒柳徹子こそが、アメリカのセレブリティが世界規模の慈善活動に参加する流れを作ったお手本となる偉大な人物なのだ…が、『徹子の部屋』は収録番組なので「生放送」という意味で今回は除外させていただくと、われらが世界に誇る『笑っていいとも』のタモリさんこそが「生放送番組単独司会」世界一なのだ!
    「笑っていいとも」の終了とタモリさんの挨拶
    1980年にスタートしたバラエティ番組「笑ってる場合ですよ」の後継番組として1982年からスタートした「笑っていいとも」。2002年には通算放送回数が5千回を超えて「生放送単独司会世界最高記録」としてギネスブックに登録された。国民的人気番組だったが、今年7月あたりから、タモリさんが番組に姿を現さないなどの変化があり、様々な噂が飛び交っていた。番組最後にゲストとして登場した笑福亭鶴瓶から、話題を振られた持ちかけられた形でタモリさんの口から、番組の終了が正式に発表された。

    タモリさんは番組の終わりに「でもオレ30歳からこの世界に入ったじゃない。それで、するするするって横滑りして入ってて、30から入って6年後にこの番組やったんです。だからオレは『いいとも』で初めて芸能人としてなんとか格好が付いたんで。32年、フジテレビがず~っと守ってくれたんだよ。本当にこれは感謝してもしきれません。正式なことです。それと出演者の皆様にも大変お世話になりました。国民の皆さまにも、本当にどっち向いても感謝です。ありがとうございます。」と話した。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を地でいくタモリさんならではのコメントである。

    アメリカ版「笑っていいとも」とアメリカ版タモリさん?
    話をアメリカに戻すが、先述の様にアメリカでは話上手でゲストの魅力を引き出すのに長けた素晴らしい司会者がたくさんいる。いかに大物ゲストを呼んで、面白い話を引き出すかが番組の人気のカギであり、司会者の腕の見せどころ。ハリウッド俳優、ミュージシャン、政治家、時には大統領までが、テレビの生放送のゲストとして登場しては、司会者を相手にプライベートまでを語る。下記にご紹介するのは、アメリカ版「笑っていいとも」のテレホンショッキングのコーナーと言えなくもない『レイトショー』。司会は、アメリカ版タモリさんと言うにはクセがないが、名司会者のデイヴィッド・レターマン。

    上の映像は、アメリカのタモリさん(?)ことデイヴィッド・レターマンが、アメリカの「笑っていいとも」(?)こと『レイト・ショー』に出演したジョニー・デップに、アル・パチーノのモノマネをさせる映像 (1:38 から)。映画『フェイク』の撮影期間中に、ジョニーがアルから何度も繰り返して聞かされた(つまらない)ジョークを本人の真似をしながら披露。「ガイコツがバーに入って注文したんだよ。ビールと….モップをね。」

    俳優のマット・デイモンが、俳優仲間のマシュー・マコノヒーが「すぐに筋肉を見せたがる」ことをネタに、マシューのモノマネを披露した。後日、マシュー本人がゲストに来ると、リターマンは本人に感想を聞く。こういった話題性のある映像が、翌朝には全米各局の番組で一斉に取り上げられるのが、いかにもアメリカらしいところ。

    偉大過ぎたタモリさんと「笑っていいとも」の後継は?
    一方の日本では、有名人たちが普段見せないプライベートや親近感のわくようなエピソードを披露するような素の姿を、しかも生放送で見られる番組というのは、実は『笑っていいとも』のテレホンショッキングのコーナーくらいしかない。そんな貴重な番組が終わってしまうのは非常に残念。アメリカ同様日本も世代交代の時期なのか。今後に期待したいところ。またアメリカでは『ラリー・キング・ライブ』を放送してきたCNNが、25年の番組の歴史を振り返り、特筆すべきゲストが登場した回を集めて編集したDVD『ラリー・キング・ライブ・グレイテスト・インタビュー』を発売して大好評だったが、『笑っていいとも』も是非32年の歴史を振り返った同様のDVDの発売して欲しい。

    <参照記事>
    *1 – David Letterman poised to be

    韓国の格闘技テコンドーで戦う中国の双子姉妹が可愛過ぎる

    韓国のスポーツ・テコンドーがどうやら中国まで浸透しているようですが、テコンドー教室に入ったばかりなんでしょうか?こんなに可愛い姉妹を見るとなんとも微笑ましい。慰安婦問題や領土問題で隣国とは随分揉めてはいますが、この子たちが反日教育を受けずに育ち、大人になる頃には今ある問題が解決していて欲しいものですね。やっぱり平和が一番。…

    ピエロに扮したヒットマンがメキシコ麻薬密売組織「ティファナ・カルテル」のボスを狙う

    Read more

    ピエロに扮したヒットマンがメキシコ麻薬密売組織「ティファナ・カルテル」のボスを狙う

    ©The image is under public domain.

    10月18日金曜日、メキシコで最も悪名高い麻薬密売組織のひとつである「ティファナ・カルテル」のキングピンが、メキシコの高級リゾート地ロス・カボスにて、家族でパーティを楽しんでいたところ、ピエロに扮していた暗サツ者に、子供たちの目の前で、いきなり銃で頭と胸を撃ちぬかれてサツ害された。暗サツ者は現場から逃走。警察関係者によると、サツ害者はピエロのカツラと赤い鼻をつけていたという。現在、バハカリフォルニア州政府当局が容疑者の行方とサツ害の動機を調査中。地元メディアの報道によると、今回のロス・カボスのビーチハウスでの暗サツの際、容疑者には2人の共犯者がいたというが詳細は不明。

    サツ害されたのは、フランシスコ・ラファエル・アルジャーノ・フェリックス(63歳・右写真)。フェリックスは、麻薬関連容疑で1993年にメキシコで逮捕された後 15年間を刑務所内で過ごしている。その間、2006年にアメリカ合衆国に身柄を引き渡され、2008年に仮釈放されてメキシコに戻った。

    サンディエゴの連邦検事ジョン・カービー(2003年にメキシコ麻薬カルテルに対する起訴状を提出した人物)によると、フェリックスは1993年に、ローマンカトリック教会の枢機卿フアン・ジーザス・ポサダス・オカンポのサツ害に関連して逮捕され、武器の不法所持によってメキシコ国内で禁固10年の判決を受けた。一方で、アメリカ合衆国は、フェリックスが1980年に、カリフォルニア州内でFBI潜入捜査官に対してコカインを売った容疑で、2006年に身柄のを引き渡しを受けているが、「ティファナ・カルテル」が現在のような一大麻薬密売組織に発展するより前の逮捕であり、実質的に刑務所にいたため、彼は組織のリーダーにはなっていないという。しかし、カービー氏によると、メキシコ当局は、フェリックスが刑期を終え、米国で仮釈放された後に組織へ復帰する可能性を危惧していたという。

    上図紫色が示すほぼ半島一体をティファナ・カルテルが支配していた。

    「ティファナ・カルテル」は、1989年に、メキシコとアメリカ合衆国の国境に近い街ティファナを拠点に組織されたアルジャノ・フェリクス・ファミリーのカルテルであり、「メキシコ国内最大で最も暴力的な犯罪組織」と謳われたが、幹部の相次ぐ逮捕やサツ害によって、その勢力は次第に衰えていった。今回サツ害されたフランシスコ・ラファエル・アルジャーノ・フェリックスの弟であるフランシスコ・ハビア、ベンジャミン、エドゥラドの3人は、現在カリフォルニア州内で収監されており、別の兄弟であるラモーンは2002年に警察との銃撃戦で死亡している。2000年の映画『トラフィック』(スティーブン・ソダーバーグ監督、主演:マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、デニス・クエイドほか)でフアレス・カルテルと敵対するティファナ・カルテルの様子が描かれている。

    麻薬と酒に溺れた人格破綻者トレバーが、遂にロサンゼルスにやって来た!クライムアクションゲーム『グランドセフトオート V』

    シリーズの主人公のひとり、トレバー。このハゲが今年の夏、ロサンゼルスの街中のビルボードを埋め尽くした。

    左からトレバー、フランクリン、マイケル。主人公の3人がロサンゼルスリバーを闊歩する。

    マイケルの奥さんで元ストリッパーのアマンダ。セクシー…。

    1997年に第一作目が登場して以来、その犯罪的な内容と暴力性が問題視されて、たびたびマスコミでも取り上げられてきた人気クライムアクションゲーム「グランドセフトオート」。問題作でありながらも記録的な売り上げを維持し、今回でシリーズ12作目となる。主人公のトレバーがロサンゼルスに引っ越してきたことで、最新作の舞台は、我らがロサンゼルスになった。

    シリーズ最新作となる『グランドセフトオート V (ファイブ)』は、北米では9月17日の発売前から大々的な宣伝が行われ、今年の夏は、ロサンゼルスの街中が同作の看板やポスターであふれていた。フィゲロアホテルの壁面に張り出された巨大なハゲ頭のトレバーの広告は特にインパクトのあったので、ロサンゼルス在住者なら見覚えのある方も多いと思うが、制作会社であるロックスターゲームズ社の本作への力の入れ具合がわかる。

    実際に手にしたゲームの完成度は予想をはるかに超えていた。何よりもまずグラフィックがヤバいほどリアル。ハリウッド、チャイニーズシアター、サンタモニカ、ベニスビーチ、ロサンゼルスガンクラブ、マリブピア、エコパーク、ハリウッドサイン、ビバリーホテル、ロサンゼルスリバー、フィゲロアホテル…見覚えのある光景を舞台に、男たちの熱いバトルが繰り広げられる。普段から見慣れていた光景がゲームの舞台になっている興奮はかなりのものだ。(作品内ではロスサントスという架空の地名。)大渋滞が当たり前なロサンゼルスの交通事情も反映しているあたりがGTAっぽく、渋滞に捕まったときは、「KIIS FM」を思わせるラジオ局が登場して、音楽面でも楽しませてくれる。

    かつて全米最重要指名手配犯とされた銀行強盗のマイケル、麻薬と酒に溺れた人格破綻者で典型的なホワイトトラッシュなトレバー、サウスセントラル(をモチーフにした街)出身のストリートギャングで麻薬ディーラーのフランクリンの3人を中心に、マイケルの妻で元ストリッパーのアマンダや、メキシコ系ギャングのボスであるマーティンなど、数々の濃いキャラクターたちが登場。またメキシコ系、アルメニア系、アフリカ系、ヒスパニック系、韓国系…と無数のマフィアや、民間軍事会社などの組織もストーリーに複雑に絡んでGTA5の世界を盛り上げる。エロティックな要素もふんだんでバイオレントなクライムアクションゲーム。

    アメリカでは9月17日の発売後3日間でなんと2000万本も売り上げたほどの驚異的な人気を博している本作。ロサンゼルスとバイオレンスが好きなあなたに是非オススメしたい傑作だ。(日本では10月10日発売)

    <グランド・セフト・オート>

    2013年現在、全世界でシリーズ累計1億3400万本を出荷している記録を持つ。非常に自由度の高いゲームなのが特徴で、様々な組織の依頼を受けて過激な犯罪に手を染め名を上げていくというスタイルと、タイトルの「グランド・セフト・オート」=「重窃盗罪」の通り、あらゆる車を盗んでは乗り回すというアクションが軸。シリーズが進化するにつれ、プレイヤーに与えられたアクションは、ドライブと銃撃戦に留まらず、空を飛んだり海上を進んだりといった行動範囲の拡大はもちろん、様々なスポーツやミニゲームに興じたり、キャラクターをカスタマイズしたり、スタントに挑戦したりと、どんどん多様になっていった。現在では、リアルに再現された都市の中を自由に動き回る、オープンフィールドゲームの代表的作品として知られる。自由度の高さゆえに、故に数々の社会問題(VCのハイチ人訴訟問題、SAのHotCofee等)を起こすことで知られ、日本でも有害図書に指定されたことで有名である。(『ニコニコ大百科』より抜粋)

    ロサンゼルス市警のチョッパーが、真夜中に爆音を立てながら、地面に向かってサーチライトを照らして事件の容疑者を捜索する光景は、ロサンゼルスでは日常茶飯事。

    こちらはロサンゼルスダウンタウンにある「ロサンゼルスガンクラブ」をモチーフにしたロスサントスガンクラブ。絶妙な再現具合だ。

    PCHを走る。右手に見えるのは、かつて宮沢りえが滞在していた101オーシャンコンドミニアム。パシフィックパリセイズのすぐ南あたり。

    そしてマリブ近辺をモチーフにしたと思われるビーチ。

    サンタモニカブルーバードのビバリーヒルズ近辺か。

    こちらもビバリーヒルズホテルをモチーフにした架空のホテル。

    ハリウッドサインは、ヴァインウッドになってるものの地形や景色などはそのまま。