検索する言葉を入力してリターンキーを押してください。キャンセルはESCキーまたは右上のXをクリックしてください。

Monthly Archives:

November 2013


アメリカ西海岸から世界で流行りはじめたフリースタイルスポーツ「KENDAMA」動画集

トリックに要されるタイミング、リズム、バランス、体重移動、クリエイティビティなどがスケートボードのそれに近いという理由から、江戸時代から続く日本のおもちゃ「剣玉(けんだま)」が、「KENDAMA」というフリースタイルスポーツのひとつとして、サンフランシスコのスケーターを中心にアメリカ西海岸で流行しはじめ、そのブームが世界に広がりつつある。

ここ1年ほどロサンゼルスでも、ダウンタウンやイーストハリウッド、シルバーレイク近辺で、スケートボーダーがボードを片手に、時にはボードに乗りながら「KENDAMA」を操っている姿や、オシャレなヒップスターが、ファッションアイテムのひとつとしてカラフルな「KENDAMA」を首から掛けて歩いている姿を見かけるようになって来た。現在ではジェイク・ウィンズらを擁するプロチームがあり、クリスティン・オリニクのよう女性ケンダマプロが集まるガールズオンリーのケンダマ大会もある「KENDAMA」だが、ブームの火付け役となったKENDAMA USAでは、ケンダマをこう説明している。

「スタイリッシュなケンダマは、日本から来た、極度に中毒性のあるスキルトイだ。腕と目のコーディネーション、バランス、反射神経を鍛えられ、子供から年寄りまで楽しめるし、初心者から年季の入ったマスターまで限りないトリックを楽しめる。ケンダマは、ハンドル部分の「ケン」と、ボール部分の「タマ」が紐によって繋がっている。(ケンについた)3つのカップでボールをジャグリングしたり、ケンのスパイクでボールを打ったり、クリエイティブなアイデアがあれば、ケンとタマのバランスを取ることで様々なトリックを楽しめる。ケンダマをマスターするには、練習と集中力と忍耐力と創造力を要する。」

「ケンダマは、シンプルで生産性があってインタラクティブなオモチャで、ケンダマで遊んでいるだけで精神面もフィジカルなテクニックも鍛えられるところが好きなんだ。今の時代、世界中で、派手なライトがピカピカ光ったりするようなコンピューターゲームなんかが溢れている中で、シンプルなデザインと創造性のある遊びを楽しむ新しい手段として、ケンダマが際立ってると思うんだ。」

「2006年にオレたちがツアーで日本に行ったとき、仲のいい友達が、電車を待っている間や、バス停や、街中を歩いているときに、いつもケンダマで遊んでいたんだよ。オレたちは初めて東京の下町でケンダマを買って、アメリカに戻ってから知ってる限りの友達に見せたのさ。ボクらプロチームは、日本で生産中止になった『ゴールデンムゲン』だって持ってたんだぜ。みんなの好奇心と情熱が、KENDAMA USAをスタートさせて、世界中のひとびとにこの最高のスキルトイを紹介したんだ。今では世界中のひとがケンダマを知っているけど、それはオレたちKENDAMA USAのおかげなんだぜ。」

というわけで、現在アメリカで流行しはじめているケンダマ関連の動画をピックアップしてみたので是非チェックしてみてください。












<関連リンク>
GLOKEN – Global Kendamas Network
一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク
KENDAMA USA
ブリティッシュ・ケンダマ・アソシエーション

イギリス・グラスゴー出身のガレージパンクバンド「PAWS」がロサンゼルスで初ライブ

Read more

イギリス・グラスゴー出身のガレージパンクバンド「PAWS」がロサンゼルスで初ライブ

UKオルタナ・リバイバル・ブームから頭ひとつ突き抜けている感のあるグラスゴー出身のガレージパンクバンド「PAWS」。昨年10月「Vashti Bunyan」や「We Were Promised Jetpacks」が所属するファットキャットレコードと契約後デビュー。今年3月テキサスで開催されたSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)に出演してアメリカ国内でも一躍注目を集めると、音楽誌「SPIN」から「今年注目のバンドTOP5」にも選出された。現在ひっぱりだこの彼らが、この週末2日間に渡ってロサンゼルスでライブを行ったので足を運んできました。

どこかキュートさのあるセンチメンタルなノイズポップから、途端に度肝を抜くように衝撃的かつエネルギッシュなごりごりのパンクへシフトしたりと、一箇所に留まらないスタイルがライブでも魅力を放つ。懐かしく心地いいサウンドは「Mates Of State」や「The Breeders」をはじめ、多くの先輩バンドからオープニングを任されて来たというのも納得の存在感を見せる。今年の春、個人的事情でバンドを離れてしまったマシューの代わりに新しく加わったライアンだが、オリジナルメンバーのように馴染んでおり、バンドに男臭さが増した印象を受けた。来春リリース予定のセカンドアルバムが近日ニューヨークでレコーディングされるそうだが、今回も期待出来そうだ。

下記はファットレコードのサウンドクラウドから「PAWS」のファーストアルバム「Cokefloat!」。そして今回のライブから「Poor Old Christopher Robin」の動画1本。そしてインディーズ時代の「BAINZ」などを含む、「PAWS」の実力を伝える筆者オススメの動画をピックアップしましたので、是非チェックしてみてください。




キッコーマン醤油もびっくりのカスタム・ダニー調味料シリーズ「キッコースケット」 by スケット-ワン SKET-ONE

Read more

キッコーマン醤油もびっくりのカスタム・ダニー調味料シリーズ「キッコースケット」 by スケット-ワン SKET-ONE


Photo courtesy of SKET-ONE

アメリカで見る「クールジャパン」のカテゴリーのひとつに「ベアブリック」などのカスタムトイ(コレクティブトイ)人気があるが、こちらはスケット-ワン(SKET-ONE)によるカスタム・ダニーの調味料シリーズ最新作「キッコースケット カスタム・ダニー(KikkoSket Custome Dunny)」。高さ8インチ(約20cm)のハンドメイド作品で、両手にハシを持ち、左耳には本物のキッコーマン醤油のキャップがついている。バンブーマットに、醤油皿とワサビ・ガリまで付いたセットで、価格は$475ドル。

でも実はこちらの商品、10月11日に24時間の限定販売で、残念ながらすでに完売。入手困難でプレミア価格必至だが、12月初旬からの配送なので、来週あたりからEbayなどのオークションサイトに出品されるのを狙うしかない!? もしくはキッコーマンさんにお願いして、オフィシャルでこのボトルを製造してもらうのもいいかも。

カスタム・ダニーの調味料シリーズには、他にタイ料理やフォー屋さんでお馴染みの「スリラチャ(SRIRACHA)」バージョン(2012年11月30日発売・$450ドル)やハインツ社トマトケチャップ、マスタードバージョンなどもあるので要チェック。ロサンゼルスにお住まいの方は、メルローズにあるKIDROBOT LAがオススメ。

スケット-ワン SKET-ONE オフィシャルサイト
キッドロボット ロサンゼルス – KIDROBOT LA

キム・カーダシアン出演で話題のカニエ・ウェスト最新作『BOUND2』PVをジェームズ・フランコ&セス・ローガンが悪戯リメイク

Read more

キム・カーダシアン出演で話題のカニエ・ウェスト最新作『BOUND2』PVをジェームズ・フランコ&セス・ローガンが悪戯リメイク

ヒルトングループのおバカ令嬢パリス・ヒルトンが、2004年にプライベートセックス流出作品『ワンナイト・イン・パリス』で世を騒がせたのに続き、2007年に元恋人レイ・ジェイとのプライベートセックスビデオ流出作品『キム・カーダシアン・スーパースター・フィーチャリング・ヒップホップスター・レイ・ジェイ』が発売されて一躍有名になったキム・カーダシアン。弁護士ロバート・カーダシアンの娘であるキムは、カーダシアン一家に密着したE!のリアリティ番組でさらに知名度をあげ、昨年カニエ・ウェストの子供を生み、婚約した。

そして今回、カニエの最新作『BOUND2』のPVでは、自らの出演をカニエにおねだり。結果、キム・カーダシアン2本目のプライベートセックスビデオ流出作品とも言えるとんでもなくハタ迷惑な作品に仕上がっている。レイ・ジェイに嫉妬したカニエの暴挙なのか、バカ丸出し状態のPV。大不評ながら、ヘビロテ状態なので世間は飛んだ迷惑。

そこで、このバカップルに制裁を加えるべく立ち上がったのが、われらがジェームズ・フランコとセス・ローゲン。この二人の仲良しぶりと悪戯好きには、毎回楽しませてもらえますが、今回も最高です。ジェームズ・フランコの身体の動きから表情の作り方までカニエの特徴を捉えていて、カニエをリスペクトしている感じが伝わってきます。映画『THIS IS THE END』でも、二人のホモっぷりをネタにしていましたが、今回はもっと凄い。パーフェクトなパロディ作品。彼らの仕事の速さにも驚かされます。

『BOUND3』と名づけられた本作。セスは今朝、このビデオをツイッターでカニエ・ウェストとキム・カルダシアンあてにツイートしているが、今のところ二人からの返信ツイートはない模様。いろいろな意味で論争を呼びそうでもありますが、ネットではすでに「よくやった!」という声多数。セスとジェームズの力作、くだらないのが好きな方は、ぜひご覧ください。

マニー・パッキャオ戦 – リングサイドのパリス・ヒルトンのインスタグラムに、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」上田晋也を発見!

Read more

マニー・パッキャオ戦 – リングサイドのパリス・ヒルトンのインスタグラムに、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」上田晋也を発見!


ボクシング世界主要4団体6階級制覇のマニー・パッキャオがブランドン・リオスに大差で判定勝利したが、マカオのリングサイドで観戦した
パリス・ヒルトンのインスタグラムに、偶然、日本のお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也が映りこんでいた!

実際パリスも上田もどうでもいいが、台風ヨランダの被害に苦しむフィリピンの国民の期待を一身に背負って、見事な「復活」を見せたマニー・パッキャオ。昨年12月、ファン・マヌエル・マルケス戦で衝撃のKOを負けを喫した元世界ウエルター級王者が、倒れても再び立ち上がる姿を地元フィリピンの国民に見せ付けた。そんなパックマンの勇姿に心からの拍手を送りたい。

世界初の試み!ファレル・ウィリアムス PHARRELL WILLIAMSの新曲ミュージックビデオ「HAPPY」は、なんと24時間!







「希代のヒットメーカー」「ヒップホップ界の天才」のファレル・ウィリアムス(PHARRELL WILLIAMS)が今年に入って再び活動を活発にしている。

テクノ、クラブミュージックの重鎮となったDAFT PUNKとのコラボ作『GET LUCKY』、マーヴィン・ゲイなりたがり?白人R&Bシンガー、ROBIN THICKEへのプロデュース作『BLURRED LINES』に続き、今コラムで紹介する自作『HAPPY』が話題沸騰中。

アニメ映画『怪盗グルーのミニオン危機一髪』のサントラとして制作された『Happy』、シンプルなビートの上でPharrellのボーカルとコーラスワークがポジティブでハッピーな歌詞を歌う。楽曲自体はシンプルだがこのミュージックビデオにネットで多くの注目が集まっている。

というのも史上初の試みとしてPharrellは何と24時間のミュージックビデオを制作したのだ!今なら公式サイトでその全てが観覧ができる。

Pharrell Williamz HAPPY | THE World’s First 24 Hour Music Video

あらかじめ注釈しておくが、24時間と言っても4分ほどの長さの曲に合わせ、登場する人物たちが踊るミュージックビデオを何百も撮影しそれを繋ぎあわせているに過ぎなく、一つの作品として24時間の超大作ではない。ハリウッドやダウンタウン、シルバーレイクなどロサンゼルス各所を舞台に、場所や時間、人々を変え無数の異なるバージョンのミュージックビデオがノンストップで垂れ流され続ける。しかし「24時間」というアイディア一発勝負なだけでは無く、様々な仕掛けや演出が施されていて飽きさせない作りになっている。

まず公式サイトにアクセスすると24時間のミュージックビデオのタイムラインが実際の時間とリンクし、その箇所のダンスシーンからビデオが始まる。ウィンドウを閉じて別の時間に再びアクセスしても、勿論その時の実際の時間とあった箇所からビデオが再生されるのでオフィスや自宅のコンピューターで一日のBGMとして聞き流すことができる。またコントロールパネルが24時間の時計じかけになっているので、続きを見る際に分かりやすく視聴者に優しい。

各時間の始めにはPharrell本人が登場するビデオが流されるが(計24回登場)、その殆どはほぼ素人の人達がキャストされ曲に合わせて踊る。ここで筆者が思い出したのが奇才ビデオディレクター スパイク・ジョーンズ(SPIKE

「アメリカ史上最も悪名高いセレブリティ」79歳の無期懲役囚チャールズ・マンソンが25歳のガールフレンド「スター」と結婚か?

Read more

「アメリカ史上最も悪名高いセレブリティ」79歳の無期懲役囚チャールズ・マンソンが25歳のガールフレンド「スター」と結婚か?

「チャールズ・マンソンには彼女がいる。キミにはいない。現実って残酷で悲しいね。」

そんな見出しではじまる「TIME」誌を筆頭に、ここ数日チャールズ・マンソンが話題だ。なぜなら現在終身刑で服役中、今年79歳のマンソンになんと25歳の美しいガールフレンドがいたということ、しかもその彼女と結婚するという噂があるからだ。ガールフレンドの名前は「スター」。彼女は、ローリングストーン誌のインタビューにこう答えた。

「ハッキリ言うわ。チャーリーと私は結婚するのよ。いつになるかはわからないけど、真剣なの。チャーリーは私の夫よ。チャーリー本人が、私からあなたたちにそう伝えるようにって。まだ他の誰にも言ってないのよ。 」

チャールズ・マンソンとは、1960年代末から1970年代初頭にかけて、カリフォルニア州ロサンゼルスに形成された共同生活集団「マンソンファミリー」のカルトリーダー。1969年、メンバーに指示して、映画監督ロマン・ポランスキーの妻でありハリウッド女優のシャロン・テートと、レノ&ローズマリー・ラビアンカ夫妻を含む計7人を殺害し、169人を負傷させた。1972年に死刑判決を受けるも、のちに州による一時的な死刑制度の廃止により終身刑に変更され、現在カリフォルニア州刑務所に服役中の犯罪者であり、ミュージシャン

アメリカのサブカルチャーにおける狂気・暴力・恐怖・悪の象徴となり、彼が獄中で書いた曲はガンズ・アンド・ローゼズやマリリン・マンソンらにカバーされたり、 彼がビートルズの楽曲『へルタースケルター』は人種間戦争を想定したものだという解釈をしたことから、マンソンを題材にした同名の映画などが制作されるなど、アメリカのサブカルチャーにおいて、獄中のカルトリーダーとして現在でも多くのひとびとに「崇拝」されている。今回ローリングストーン誌が取り上げたマンソンの結婚のニュースだが、当の本人は…

「あ~あれかよ。あんなもん冗談に決まってんだろ。そんなことわかってるだろ。くだらねぇジョークさ。チョット世間を騒がせてやろうと思っただけさ。」

と答えている。ロサンゼルスタイムス紙は、79歳になっても結婚に踏み切れないマンソンを(好意的に)「結婚恐怖症」とからかっている。また、もし二人が結婚すればスターは、マンソンの3人目の妻となるが、カリフォルニアの刑務所システムでは、無期刑囚人の「夫婦面会」が出来ないので、4人目の子供が出来ることはないとのこと。


売春婦だった母親キャサリン・マドックが16歳のときに生まれたマンソン。5歳で祖父母に預けられるが、母親キャサリンが強盗で逮捕された後は、親戚の間をたらい回しにされた末、孤児院に入れられる。やがて孤児院から脱走して、母親に会いにいくも邪魔者扱いされて放り出されてしまったマンソンは、ひとりで生きていくために窃盗などの犯罪を重ねていく。9歳で少年院に入り、18歳の時点では警察のブラックリストに名を連ねるほどになっていた。その後、21歳で結婚をするも、窃盗、小切手の偽造、クレジットカードの不正使用等で服役を繰り返し、1967年に釈放された時点では人生の大半を刑務所で過ごしていた。


マンソンが出所した頃は、ベトナム戦争への反対運動が盛んな時期で、世間では誰もが髪を伸ばし、LSDを常用してはフリーセックスに明け暮れるという「フラワームーブメント」の真っ只中だった。当時、若者たちの間では、伝統的な社会や制度、キリスト教的価値観を否定し、欧米においては東洋の思想・宗教が広く紹介され、その系統を引くカルト宗教が多数創設され、社会問題化した。この流れに乗ったマンソンは、そのルックスと口説きのテクニック、さらに出所後に覚えたギターで、女性たちを虜にして、自ら「マンソンファミリー」というカルト団体を形成していくのだ。


チャーリーズ・エンジェルと呼ばれた、チャールズ・マンソンの女たち。スーザン・アトキンス(左)、パトリシア・クレンウィンケル(中)、レスリー・ヴァン・ホーテン(右)。


マンソンが唱えた「へルタースケルター(人種間戦争)」とは、ブラックパンサー党等の黒人の急進過激派が白人を相手に蜂起し、それがきっかけに核戦争が起きるというもの。その後、デスヴァレーの洞窟で生き残ったマンソンファミリーが黒人に代わって世を支配する…というのが話の結末。現在でもマンソンの眉間には、白人至上主義の象徴でもあるカギ十字(ハーケンクロイツ)のタトゥーが入れられている。


79歳のチャールズ・マンソンと25歳のガールフレンドのスター。マンソンは言う「スターは女じゃない。ミルキーウェイ(天の川)に流れる星なのさ。」ロマンチックなおじいさんだ。


友人ブラックウルフを挟んでおどける無期刑囚マンソンと彼女のスター。(2013年11月9日)日本の刑務所では考えられない光景。


チャールズ・マンソンの釈放を求めるスター自らが撮影した動画。

「アメリカ史上最も悪名高いセレブリティ」と呼ばれるチャールズ・マンソン。複数の殺人事件を起こした無期刑囚であり、露骨な人種差別主義者でもありながら、こんなロックスター扱いするアメリカも謎だが、メディアが取り上げるまでもなく、今でも刑務所内のマンソンに宛てたラブレターは絶えないという。マンソン、なぜこんなにモテるのか。刑務所にいながら塀の外の女性たちを轢きつけるマンソンのカリスマ性は、世界中の男が求めるものかもしれない。


チャールズ・マンソンが収監されているカリフォルニア州立コーコラン刑務所

<関連リンク>
チャールズ・マンソンのガールフレンドスターが運営する「マンソンダイレクト」
チャールズ・マンソンのオフィシャル・フェイスブックページ

「孤高の脱原発サムライ」山本太郎氏「最愛の同志」母・乃布子さんへの手紙と母子の絆

Read more

「孤高の脱原発サムライ」山本太郎氏「最愛の同志」母・乃布子さんへの手紙と母子の絆


Photo Courtesy of FACEBOOK – Nobuko Yamamoto

山本太郎さんと言えば、かつてバラエティ番組での強烈なキャラクターや映画『バトル・ロワイアル』などで俳優としての活躍されていましたが、東日本大震災後、「脱原発」を唱えるようになってからは、良くも悪くも印象が大きく変わりました。今では参議院議員になられた山本太郎氏。先の園遊会では「脱原発」を訴える手紙を直接天皇陛下に手渡したことが波紋を呼び、海外メディアでも取り上げられる異例の事態となりました。そして先日、その山本氏あてに刃物が入った封筒が届き、今日、山本氏宛てに届いた封筒には「近日中に射殺します」と書かれた文書と弾丸1個が見つかるなど、彼の言動が自身の生命を脅かすほど異様な事態にまで発展しています。

そんな山本太郎氏の母親である山本乃布子さんのフェイスブック、公開にされているので誰でもご覧になれるのですが、非常にパワフルで面白い。

多い日には一日に20~30件もの投稿をされており、そのほとんどが「脱原発」や「秘密保護法案」に関連するもの。乃布子さんのフェイスブックには、太郎さんの幼少期のパスポートや、ピアノ発表会の写真をはじめ、アフリカや中東各国などを母子ふたりで旅されたときの写真などが見られます。意外な発見も多々あり、山本太郎氏があの本場中国の少林寺で修行をして卒業までされていたということにも驚かされました。母子家庭とのことですが、親子が互いに大切に支えあって生きてこられた印象を受けます。中でも興味深いのが、山本太郎氏が、母・乃布子さんの誕生日に送られたというバースデーカード。

最愛の同志 乃布子

いくつ歳を重ねても衰えを知らぬ才能とそのエネルギー
お前で発電できればきっと原発などいらぬはず。

人一倍 いや 人百倍の正義感ゆえ
その心が休まる事はないだろう。

が、人にはそれぞれの気付きがあり学びがある。

お前が先頭に立ち、皆の教師になる必要は全くない。

新しい歳からは、相容れない者たちからは目をそらし
あふれるイマジネーションと情熱を自分自身の為だけに使いな。

その先には世界中がうらやむ人生が待っているよ。

2010.5.11 お前の坊やより♡

これは東日本大震災よりちょうど10ヶ月前の2010年5月11。山本太郎氏が母・乃布子さんあてに送ったものだそうです。震災よりはるか前から、山本太郎氏の中には、原発問題に対する意識があったということ、また現在の山本太郎氏の活動や主張の背景には、母・乃布子さんから多大な影響を受けてきたことがよくわかります。

フェイスブックで若い頃の乃布子さんの写真を見ると、今の時代でもタレントにいそうな美しい女性です。フェイスブックを通してみる乃布子さんの印象は、昭和の激動期に学生運動に参加していた女子学生のようで、どこか日本赤軍の重信房子にも似た「女性革命家」のような印象さえ感じます。

「エジプト庶民の楽しみ水パイプです.何でも試したい私です♪」「旅行に来るまで(息子が)タバコ吸ってたなんて知らなかった! この日私が、水パイプ屋さん見つけ、「吸ってみようか?」なんて言ったら、『母さんの前で、堂々とタバコ吸えるなんて、幸せ♪』それが、本当に本当に幸せそうに吸ってたので、ああ~今まで、内緒で吸ってたのか、ご苦労様、と理解させて貰いましたとさ。」

「中国河南省 少林寺での卒業試験。短期間でまじめにキチッと出来た生徒は少林寺でも珍しいと。残ってやり続ける方が良いと厳しいマンツーマン修業で鍛えてくれた鬼の校長、太郎のこととってもお気に入りでした。」

「(山本氏が東日本大震災以前から原発問題に意識があったのかと問われて)そうだよ、意識高かっただろうお前~~♬ でも、息子は私のエネルギーを原発に例えただけさ!!本気で断固原発 反対デモに 参加 人に原発の怖さを拡散するぅよになったのは、 …

超高画質ウェアラブル動画撮影ガジェット「PIVOTHEAD SMART」サングラス型ビデオにスマートでハイテクな最新版が登場!

Read more

超高画質ウェアラブル動画撮影ガジェット「PIVOTHEAD SMART」サングラス型ビデオにスマートでハイテクな最新版が登場!

Google GlassよりもGoProよりも熱いハイテクガジェットがある。100%自分目線での主観映像 (POV=ポイント・オブ・ビュー) が撮影できるサングラス型のウェアラブル動画撮影ガジェット「PIVOTHEAD(ピヴォットヘッド)」だ。そして今回ご紹介するのが、その最新作「PIVOTHEAD SMART(ピヴォットヘッド・スマート)」。「SMART」は「SIMPLE MODULAR APPLICATION-READY TECHNOLOGY」の略。まずは、細かい機能説明よりも先にこちらの動画をご覧頂きたい。最初の9秒目以降はすべて本商品で撮影された動画。

前バージョンから飛躍的なパワーアップをした「PIVOTHEAD SMART」は、1080PフルHDによる超高画質動画での撮影が可能になり、WIFIやBLUETOOTHを搭載、NFC/USB対応というハイテクぶり。しかもイメージセンサーは、ソニー8MPCMOS(3264×2448ピクセル)、ビデオ解像度は1080p/30FPS、フルHDによる連続撮影時間は3時間。さらに携帯アプリやウェブブラウザでのストリームライブ配信までが可能となっている。何よりも、主観映像動画を撮影する際に、装着したときの違和感や、周囲から見られたときの不自然さがないのもメリット。

– 携帯アプリやウェブブラウザでのストリームライブ配信が可能。
– フルHD動画による主観映像動画・イメージ撮影が可能。オートフォーカス機能搭載。
– SMART Mods™による充電、接続が可能。
– 16GB内臓メモリ搭載 取り外し可能なマイクロSDカード。
– スマホやスマートウォッチ等と連携してワイヤレス操作ができる。
– GPS機能搭載

スポーツ関係の動画撮影ではGoProが大人気だったが、「主観映像」という意味での正確さや、装着時の身体の自由度等、さらに防水対応モデルも開発中という点も考慮に入れれば、機能面においてもほとんど全ての点で、PIVOTHEADに軍配があがりそうだ。

上記の紹介ビデオの中では、ガールフレンドとのデートや、旅の記録動画などがあげられているが、他にも様々なメリットがある。まず、撮られている相手が人物の場合、ビデオカメラを向けられるよりも自然な笑顔で対応できる。これは犬やネコなどのペットの撮影の場合もその威力を発揮する。従来のビデオで撮影してもなかなかレンズを覗いてくれない。どうしても飼い主の目に視線が行きがちなので、PIVOTHEADを装着してペットと視線があった状態でペットを撮影できるのでペット動画のできばえにも大きな差が出てくる。また周りのひとたちからは、ただのサングラスを装着しているようにしか見えないので、隠し撮り系にも持って来いだ。例えばニコニコ動画での生配信中に、道端で警察に止められるなんていうこともなくなるわけです。他にもアイデア次第で色々なことが可能になってくる楽しいガジェット。価格は$399ドル。さらに詳しく知りたい方は、こちら

Pivothead SMART from pivothead on Sketchfab.

『ザ・レイド2:ベランダル(原題)』予告編が公開 – 松田優作の『ブラックレイン』出演から25年。息子・松田龍平が初海外進出。

Read more

『ザ・レイド2:ベランダル(原題)』予告編が公開 – 松田優作の『ブラックレイン』出演から25年。息子・松田龍平が初海外進出。


ブルース・リーが、自身の代表作『燃えよドラゴン』や『死亡遊戯』で、人間と見せかけて実は人形を蹴っていたり、自分の身代わりにユン・ワー(元華)他、優秀なスタントマンを多様していたのをご存知だろうか?さらに、ブルース・リーは、格闘技経験ゼロの中国人エキストラに空手着を着せては「日本人」を蹴り散らしていた反日プロパガンダのヒーローでもあったことは、コアなファンでも認めざるを得ないところ。

左からユン・ワー、ユン・ピョウ、とんで、ジャッキー・チェン

そして、立ち技において、ジークンドーでもカンフーでもカラテでもなく、ムエタイが最強だということは、すでにK-1のような格闘技大会で証明されている。そういう意味で、リアルに立ち技系格闘技映画史上最強の男を考えると、それはジャッキー・チェンでも、ジェット・リーでも、もちろんジャン=クロード・ヴァン・ダムでもなく、タイのムエタイ映画『マッハ!ONE-BAK』のトニー・ジャーではないだろうか。

あのスピード、あのしなやかさ、あの蹴りの重さ、そして肘を顔面に食らわすムエタイならではの冷酷なまでの破壊力。その全てがスタントなし。アクションシーンのほとんどがワンショットで撮影され、本物のアクション映画ここにありと言わんばかりの衝撃は凄まじいものがあった。

しかし、そのトニー・ジャー映画を越える格闘技アクションは、もう出てこないだろうと思われていた矢先に、隣国インドネシアから、とんでもないアクション映画が登場した。それがインドネシアの格闘技プンチャック・シラットの要素をふんだんに盛り込んだ超絶サスペンスアクション映画『ザ・レイド:リデンプション』だ。麻薬王が支配する高層ビルを舞台に、強制捜査に入ったSWAT部隊と、迎え撃つギャングたちとの戦いを描いた本作だが、出演者が5,6人は死んでいるのではないかと思われるほどアクションシーンが過激。従来のハリウッド映画や、過去の香港カンフー映画など比にならない迫力があった。

映画『ザ・レイド』の舞台であるインドネシアは、世界4位の人口を抱えるイスラム教徒の国。かつて武力闘争によってオランダからの独立を勝ち取ったインドネシアは、他国との軍事提携を結ばないものの、現在ではロシアや中国と接近して多くの兵器を抱え、志願制度で集まった30万を越える軍隊を持つ。現在は好景気に沸くものの、貧富の差は激しく、貧弱なインフラや政治腐敗などが指摘される。アジア屈指の経済成長率を誇りながらも、煌びやかな光とどす黒い闇の間を揺れる危うさを持った国。そんな印象がインドネシアにはある。

以前、インドネシアに駐在していた友人から聞いた話だが、インドネシアで乗った車が貧しいエリアの交差点で停止するたびに、5歳にも満たないような子供たちが窓に張り付いてきて物乞いをするそうで、夜中に真っ暗な窓に瘦せこけた子供の目がギラッと光る様は、初めて見たときは、心臓が止まるほどゾッとしたという。なんでも彼らはカープールのアルバイトだそうで、車に乗り込んではカープールが終わったところでお駄賃をもらって降りるのだそうだ。しかし、あまりにも疲れているために、車に乗り込んで10秒もしないうちに寝込んでしまうのだという。その姿があまりにもかわいそうで、子供が起きるまで何十分も車を止めて待ったことが何度もあったそうだ。そして、たとえ高額のチップをあげたとしても、子供たちの背後にはマフィア傘下の悪徳業者がいて、収入のほとんどをピンハネするため、子供たちの手元に残る金は微々たるものなのだそうだ。それでも、這い上がろう、生き抜こうとする子供たちのエネルギーは、今の日本やアメリカでは決して見られないものだったという。

『ザ・レイド』という作品は、そんな過酷な世の中を生き抜くために、まさに命がけで戦っているインドネシアの人々のエネルギーがあふれ出てくるような迫力に満ちていた。全てがリアルだった。

そんなハリウッドを震撼させ、そのリメイク権獲得に躍起になった衝撃の第一作目だったが、今回の続編は、その前作の最後のシーンからわずか2時間後の話のようだ。これには裏話があって、今回の『ベランダル』が実は最初に書かれた脚本で、格闘シーンがすでに撮影されはじめていたのだそうだ。ところが、あまりにも予算が足りないために、今回の『ベランダル』は続編として保留にされ、低予算で撮影できる内容で脚本を書き、格闘シーンも新たに取り直して撮影されたのが、第一作目の『リデンプション』なのだそうだ。

そして見事に第一作目が大ヒットしたため、この第二作目『ベランダル』は、前作に比較して非常に豪華な内容にレベルアップしているようだ。前作に引き続き主演を務めるイコ・ウワイスやヤヤン・ルヒアンもさることながら、日本人にとっての目玉は、松田龍平、遠藤憲一、北村一輝らの出演だろう。今回、トレーラー公開ではじめてその一部が明らかになったが、前作以上のスケールや迫力なのは間違いない。予告編で見る限り、日本人俳優勢の存在感も過去の海外映画と比較にならないほどキャラクターが立っている印象を受ける。

本日11月6日が、ちょうど25年の命日となる松田優作。彼が『ブラックレイン』に出演してから25年。その息子である松田龍平が遂に海外デビューをする作品でもあるわけだが、志半ばにして命を落とした父の夢を受け継いで活躍して欲しいもの。格闘技ファンならずとも、映画好きなら必見の一本。今から公開が待ちきれない作品だ。

『ザ・レイド』オフィシャルフェイスブックページ(英語)
『ザ・レイド:リデンプション』公式サイト(日本語)

7歳の息子に白人至上主義秘密結社「KKK 」の格好をさせて「ファミリーの伝統」だと話す母親の話。- ハロウィンと人種差別論争

Read more

7歳の息子に白人至上主義秘密結社「KKK 」の格好をさせて「ファミリーの伝統」だと話す母親の話。- ハロウィンと人種差別論争

Photo Courtesy of WHSV

ハロウィンといえば何でもありの無礼講。普段ならモラルが問われそうな際どいブラックジョークも、このシーズンだけは笑って見過ごされてきた。それがどういうわけか今年のハロウィンは様子が違い、例年に増して様々な論争が繰り広げられ、アメリカの一大文化に水を注す格好になっている。中でも考えさせられるのが「ハロウィンコスチュームと人種差別」について。

まずは、オハイオ州立大学の学生が実施した「WE’RE CULTURE NOT A COSTUME(わたしたちは文化であってコスチュームではない)」というキャンペーン。イスラム過激派の自爆テロ犯や、インディアン(ネイティブアメリカン)、さらにはスシシェフやゲイシャのコスチュームまでを人種差別であるとして抗議したもの。米国外の各国有名大学との提携が盛んな同大学ならではのキャンペーンだが、これがメディアにとりあげられると様々な論争を呼び、来年以降はこれらのコスチュームがタブーとなることが予想される。ただ、自爆テロ犯やインディアンは分かるものの、ゲイシャに関しては、これまでマドンナやレディガガらもたびたび着用しており、インターネット上の反応を見ると「ハロウィンだってアメリカの文化なのに」「ユーモアの分からない人は自分の国に帰ればいい」など疑問の声も多数あがっている。

Photo Courtesy of Ohaio Univ

二つ目は、白人のカントリー歌手ジュリアン・ハフが、人気ドラマ「ORANGE IS THE NEW BLACK」に登場する黒人女性囚人キャラクターのクレイジー・アイズに仮装をするため、顔を黒く塗ってメディアの前に登場したもの。ハフは激しい批判を浴び、ツイッターで謝罪するまでに至った。

さらに今年のハロウィンで多く見られたのが、7月にフロリダ州で起きた自警団員ジョージ・ジンマーマンによる黒人少年トレイヴォン君の殺害事件をテーマにしたもの。こちらも白人が顔を黒く塗り、胸の部分に弾丸を受けて血だらけになっているようなコスチュームや、自警団員のジンマーマンの格好をして黒人少年の人形の頭に銃を突きつけているようなコスチュームなどが見られた。これこそ、人種差別問題をアメリカ流に批判するハロウィンの醍醐味でもあるようにも思えるが、写真の様に明らかに度が過ぎたものが多いのが現実だ。

その「度が過ぎ」たという点で、最も過激なのが冒頭写真のもの。こちらは、バージニア州に住む母親が、7歳になる息子に「KKK」(Ku Klux Klan – クー・クラックス・クラン)の格好をさせてハロウィンパーティに参加し、クレイグスビルという小さな街から全米に広がる大論争に発展したもの。KKKとは、黒人をはじめ、ユダヤ人、アジア人、さらにヒスパニックなど他の人種の市民権に異を唱え、同様に、カトリックや左翼団体、同性愛者の権利運動やフェミニズムに対しても反対の立場を取る「白人至上主義団体」を標榜するアメリカの秘密結社だ。1920年代には500万人も会員がいた同団体だが、90年代にかけて2000人まで激減したものの、全米同時多発テロ事件の発生後、地下組織的に細分化していたものが再び結びついて活性化し、現在では8000人~10000人まで増えているという。また、これらの団体が現在の、全米ライフル教会NRAの母体であるという報道も多数ある。なにを隠そう今回の事件が起きたのは、全米ライフル教会本部があり、2007年に、在米韓国人チョ・スンヒが33名を殺害したバージニア工科大学銃乱射事件が発生したのと同じバージニア州なのだ。

そのバージニア州クレイグスビル在住の母親の名前は「皮肉にも」ジェシカ・ブラック。この報道後、彼女はフェイスブックを通してかなりの数の脅迫を受けているようだが、彼女はこの件を「ファミリーの伝統」であり、「白人は白人と、黒人は黒人と一緒にいるのは自然なこと」「(彼女の住む町では)日常的にKKKが活動をしているし、KKKは教会への寄付も毎年している」などと説明している。(ただし同じ街の他の住人とは意見が異なっている。)また7歳の息子本人が、このコスチュームを着た理由を問われて、映画「フライド・グリーン・トマト」(1991年)で見たKKKの姿

中国奥地の村で○○の肉が売られていた!?

Read more

中国奥地の村で○○の肉が売られていた!?

中国奥地の村で人肉が売られていた衝撃ニュース…かと思ったら、実はこれ、ノルウェーのハロウィンでの出来事。とあるお肉屋さんがハロウィン用の悪ふざけで作ったニセモノの人肉パッケージ。牛肉やブタ肉など普通のお肉と一緒に売られていたので、子連れのお母さんを中心に「気持ちが悪い」という苦情が殺到。ほどなくしてこの「人肉」は取り除かれたそう。今年は日本をはじめ、世界各地でハロウィンブームが大爆発のようですが、このノルウェーの人肉騒動、みなさんはどう思われますか?

ノルウェーの人肉売り騒動についてどう思いますか?

  • こういうジョークは楽しいからOK!
  • ノルウェーってまじめなんだね...
  • ハロウィンなんてくだらない!
  • ハロウィンが世界中で盛りあがればいい
  • 気持ち悪い!現場にいたら吐きそう。
  • 仮装じゃなくて偽装人肉かよ
  • おい中国っ、いい加減にしろ!
  • 投票結果を見る

     Loading ...…
    俳優ジェームズ・フランコが、ロサンゼルス空港銃乱射事件に巻き込まれ、待機中の機内から空港脱出までをインスタグラムで中継

    Read more

    俳優ジェームズ・フランコが、ロサンゼルス空港銃乱射事件に巻き込まれ、待機中の機内から空港脱出までをインスタグラムで中継


    09:47 #LAX「どっかのバカが空港で乱射したみたい。」

    今朝9時20分頃、LAX(ロサンゼルス国際空港)構内で、男が高性能ライフルを乱射し、TSA(Transportation_Security_Administration-トランスポーテーション・セキュリティ・アドミニストレーション)の所持品検査員1人が死亡、7名が病院へ搬送された。容疑者は、23歳のポール・アンソニー・シアンシア(Paul_Anthony_Ciancia・右写真)。ロサンゼルス空港警察によると、空港の第三ターミナルに現れた男は、バッグからライフル銃を取り出し、所持品検査などを行う場所で職員らに発砲。そのままターミナルの中へ進み、駆け付けた警官にバーガーキングの前で銃撃された。男は、空港にいた人々にTSAの職員かどうかを聞きながら発砲をしたという。容疑者が死亡したかどうかは不明。空港は閉鎖された。 上空では警察などの多数のヘリコプターが飛行し、厳戒態勢が敷かれている。

    (追記:容疑者は警察による応戦で顔面を撃たれるも存命し、拘束中。)


    ロサンゼルス空港銃乱射事件現場写真_[email protected]_より

    この銃撃事件によって、多くのひとたちが空港構内や機内で待機させられたが、そんな乗客の中に俳優のジェームズ・フランコがいた。彼は機内にいる自分の写真を撮ってインスタグラムにアップし、「(ロサンゼルス空港にいる)どっかのバカが空港で乱射したみたい。」とコメントした。 同じ空港で足止めを食っている人たちから「わたしも身動き取れないわ。」「あなたも今LAXにいるとおもうだけで気分が良くなったわ。」などの返事が寄せられた他、ほかのインスタグラムユーザーからは「私も同じ飛行機に閉じ込められたかったわ。」「元気を出したかったら、僕のネコが映画を見ている動画を送ってあげるよ。」などのコメントが寄せられた。

    下記は、その後、ジェームズ・フランコが引き続きロサンゼルス空港内の様子をインスタグラムにアップロードしたもの。それにしても終わらないアメリカの無差別銃乱射事件…みんな少し慣れてきている感じがするのは気のせいでしょうか?


    15:04 #LAX -「ジャマールと待機中 – やっと飛行機を降りられたよ。まだ空港から出られない。」


    15:20 #LAX -「やっと空港から出られた!!! – みんな落ち着いてました。」


    15:28 #LAX -「空港、空っぽ。警察、パトロール中。ひとびと、待機中。 – ピース & ラブ」