検索する言葉を入力してリターンキーを押してください。キャンセルはESCキーまたは右上のXをクリックしてください。

Monthly Archives:

December 2015


THE BROAD – ロサンゼルスで話題の最新現代美術館「ザ・ブロード」in ダウンタウン

Read more

THE BROAD – ロサンゼルスで話題の最新現代美術館「ザ・ブロード」in ダウンタウン

2015年9月20日にロサンゼルス・ダウンタウンにオープンした現代美術館「THE BROAD(ザ・ブロード)」。オーナーのイーライ・ブロード氏(下記写真右上)は、隣接するウォルト・ディズニー・コンサート・ホールやMOCA(ロサンゼルス現代美術館)にも出資する、資産74億円・世界で65番目の大富豪だ。その彼の名前を冠した美術館は、ブロード氏が、約30年に亘り、世界中の美術館から集めた個人的なコレクションを公開した私設美術館で、入場料は無料。チケットはオンラインで予約可能だが、9月のオープン後まもなく4ヶ月先まで売り切れるほどの人気ぶり。それでも、会場窓口では当日券が購入可能なことから、連日、朝から大行列が出来ている。

THE BORADの魅力は、草間彌生、村上隆、アンディ・ウォーホル、 ジャン=ミシェル・バスキア、キース・ヘリング、ジェフ・ウォール、ジェフ・クーンズ、シンディ・シャーマン、ロイ・リキテンスタイン、エド・ルシェ、エル・アナツイ、ジョン・バルデッサリ、ジャスパー・ジョーンズ、エルズワース・ケリー、ロバート・ロンゴといった戦後から現代に至るまでの有名アーティスト約60人による作品250点以上を集めた注目のコレクションはもちろんのこと、美術館の建築自体もユニークだ。総工費140億円を掛けた複雑な外観やインテリアは従来の美術館と一線を画し、歩き回るだけでも楽しめる。開館当初は、招待されたロサンゼルスの富裕層ばかりが集まっていたが、次第に若い層も足を運び始め、流行に敏感なアンジェリーノたちが、スマホを片手に写真を撮って回っては、次々とインスタグラム等SNSにアップし、さらなる客を呼び込んでいる。

THE BROADのさらなる魅力の一つが、徹底的にトレーニングされたスタッフたちだ。館長のジョアン・ヘイラー氏が言うには、フロアスタッフたちは、単なるアート好きから修士号取得者まで、18歳から80歳までと幅広い。彼らは、作品やアーティストについての知識だけではなく、なんとCPR(心臓マッサージや人工呼吸などを含む心肺蘇生法・救命措置法)を含む緊急時の対応や、セキュリティ能力までを身につけているという。とてもフレンドリーなスタッフなので、英語が分かる方なら、気になる作品について質問などをしてみれば、楽しさは倍増する。

いまや、ロサンゼルスの魅力は、ビーチとパームツリーとハリウッドだけではなくなった。秋や冬でも存分に楽しめる多様な魅力を持った街へと急激に変貌しつつある。そんな新しいL.A.の一大観光スポット「THE BROAD(ザ・ブロード)」を是非、訪ねてみてください。

THE BROAD オフィシャルサイトはこちら。
221 S. Grand Avenue, Los Angeles, CA 90012